« 50年ぶりの低インフレ | トップページ | ロザルノから移民流出 »

2010年1月15日 (金)

フィアット、インドに低コスト車を導入

Senzatitolo1300x229
フィアット社は、2012年からインドに低コスト車を導入すると宣言した(1月7日、Corriere della Sera).

2010年は、売り上げを倍増させ、2012年には、新たなスモール・カーを導入すると、フィアットは、ニューデリーの自動車ショーで宣言した。

インドのタータとのジョイント・ヴェンチャーからたった2年で、2万3000千台の売り上げに達し、フィアットは対インド戦略を加速することを決定した。トリノで設計し、パリオよりも小さな自動車とする予定だ。

しかしそこではタータのナノと競合することになる。フィアット側は競争となることは否定している。

フィアットの国際マーケッティング部長のジョルジョ・ゴレッリは、全長3,7〜3,8メートルの車を目指すとしている。ブラジルでのパリオの成功と重ね合わせているようだ。ブラジルでは8年連続でフィアットがもっとも売れるメーカーとなっているのである。

|

« 50年ぶりの低インフレ | トップページ | ロザルノから移民流出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47294069

この記事へのトラックバック一覧です: フィアット、インドに低コスト車を導入:

« 50年ぶりの低インフレ | トップページ | ロザルノから移民流出 »