« ハイチ地震、イタリア人20人行方不明 | トップページ | モッツァレッラ・ブファラに牛乳混入品 »

2010年1月27日 (水)

北村暁夫 『千のイタリア』

51unggjdkol__sl500_aa240_ 北村暁夫著『千のイタリアー多様と豊穣の近代』(NHK出版)を読んだり、聴いたりしている。

これはNHKのラジオ放送のテクストで、AMラジオ第2放送で火曜日午後8時半から9時、再放送は水曜日午前10時15分から10時45分である。

イタリアの農村のたどってきた歴史が学問的に、しかしながら、素人にも実にわかりやすく解き明かされる。たとえば映画『苦い米』や『1900年』、はたまた『山猫』などに出てくる田んぼ、多くの家族が共同生活する農場(カシーナ)、あるいはシチリアのように農民は通いで耕作にくる制度、農場管理人など、映画の背景になっていたものが、こういう制度、こういう歴史を背景にもっていたのかと腑に落ちる。

放送は3月末までである。イタリアの紀行番組をハイヴィジョンの美しい画面で観るのもよいのだが、一歩、二歩踏み込んだ視点を提供してくれる番組、本は大変貴重である。

|

« ハイチ地震、イタリア人20人行方不明 | トップページ | モッツァレッラ・ブファラに牛乳混入品 »

コメント

 大賛成です。拝聴しています。
 新しい視点ができそうで、わくわくしながら耳傾けています。
 

投稿: vit.rio | 2010年1月27日 (水) 19時03分

vit.rio さん

ばらばらに事柄として知っていたことが、北村氏の視点、あるいは歴史学の視点によって体系化されていくのは、スリリングで、知的快感をおぼえますね。

投稿: panterino | 2010年1月27日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47403976

この記事へのトラックバック一覧です: 北村暁夫 『千のイタリア』:

« ハイチ地震、イタリア人20人行方不明 | トップページ | モッツァレッラ・ブファラに牛乳混入品 »