« 《バーリア》、ゴールデン・グローブ賞にノミネート | トップページ | ベルルスコーニ、警備の失敗 »

2009年12月25日 (金)

ザンゾット肖像画展

127339_71788_medium
詩人アンドレア・ザンゾットを描いた肖像画展が開かれている(12月13日、Corriere della Sera).

詩人アンドレア・ザンゾットの最初の肖像画を描いたのは、詩人の父で、1938年のことだった。詩人はその時、17歳。本を読む姿を捉えている。

今回は、画家で、教会の装飾を担当していた詩人の父ジョヴァンニ・ザンゾットによるものの他、カルロ・デ・ロベルト、ピエル・パオロ・パゾリーニ、コッラード・バレスト、マリオ・スキファーノ等によるザンゾットの肖像画が並べられている。

会場は、ヴィチェンツァ県のマーロ、Casa Bianca で、1月10日まで。

|

« 《バーリア》、ゴールデン・グローブ賞にノミネート | トップページ | ベルルスコーニ、警備の失敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47107887

この記事へのトラックバック一覧です: ザンゾット肖像画展:

« 《バーリア》、ゴールデン・グローブ賞にノミネート | トップページ | ベルルスコーニ、警備の失敗 »