« セボルガ公国のジョルジョ1世、死去 | トップページ | ベルルスコーニは捜査されていない »

2009年12月 7日 (月)

テルミニ工場を閉めるならフィアットには補助するな

Lapr_17309687_31090
フィアットのテルミニ・イメレーゼ工場の閉鎖をめぐり激しい議論が起こっている(11月28日、Corriere della Sera).

12月1日には、フィアットのセルジョ・マルキオンネと経済発展大臣のクラウディオ・スカイオーラが会談する予定である。

労働組合の反応としてはCgil の書記長エピファーニは、フィアットはアメリカのことを考えるのを減らし、イタリアのことを考えるのを増やすべきだとしている。さらに厳しいのは、Cislの書記長ボナンニで、もしフィアットがシチリアのテルミニ・イメレーゼ工場を閉鎖するなら、政府は1ユーロたりとフィアットに補助すべきでないとしている。

ボナンニが念頭に置いているのは、買い換えに関する政府の補助だが、年末に期限切れとなるものを延長するかどうかである。ボナンニは、延長するには2つの条件が必要だとしている。2つとは、第一が、政府から来たお金を電気や水素エンジンの開発に費やすこと。第二は、イタリアの工場を閉鎖しないことである。

|

« セボルガ公国のジョルジョ1世、死去 | トップページ | ベルルスコーニは捜査されていない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46955552

この記事へのトラックバック一覧です: テルミニ工場を閉めるならフィアットには補助するな:

« セボルガ公国のジョルジョ1世、死去 | トップページ | ベルルスコーニは捜査されていない »