« ベルトーネ、アル・ジャジーラに出演 | トップページ | クレモナの学校でクリスマスを「光の祭り」と呼び換え »

2009年12月20日 (日)

ローマのオペラ座、ダニエラ・デッシ降りる

Dany_adriana_palermo
ローマのオペラ座で、主役二人が演出のゼッフィレッリと衝突し、降板した(12月11日、Corriere della Sera).

降板した(させられた)のは、ソプラノ歌手のダニエラ・デッシ(49歳)とその伴侶のテノール歌手のファビオ・アルミリアート(53歳)。

演目は《トラヴィア−タ》。ゼッフィレッリによれば、椿姫の役は、もっと若い歌手がふさわしいとし、デッシの容姿だけでなく、声楽的にも準備が出来ていなかったとしている。しかし、指揮者のジェルメッティは演出家から距離を置き、「デッシは声楽的には抜群である。ゼッフィレッリが容貌や演出の点からこうした選択をした」としている。

劇場は払い戻しに応じるとしている。

|

« ベルトーネ、アル・ジャジーラに出演 | トップページ | クレモナの学校でクリスマスを「光の祭り」と呼び換え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47072045

この記事へのトラックバック一覧です: ローマのオペラ座、ダニエラ・デッシ降りる:

« ベルトーネ、アル・ジャジーラに出演 | トップページ | クレモナの学校でクリスマスを「光の祭り」と呼び換え »