« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

ピオ12世の資料は5年後に公開

Pio_xii
ピオ12世統治下の資料は、5年後に公開する(12月21日、Corriere della Sera).

「ピオ12世の治世の資料は、資料館員が説明したように、1600万ページにのぼる。1万5000以上のファイルになる。これらを整理するだけでも、あと5,6年はかかる。秘密や、秘密にしておくべき文書という問題ではない、知るべきことは、すでにもう知られている」と、教皇座(Santa Sede)のスポークスマン、フェデリーコ・ロンバルディ神父は語った。

教皇庁とユダヤ人社会の摩擦は、歴史的に遡ると、1555年に教皇パオロ4世がゲットーをローマにつくったことがある。1848年にピオ9世がゲットーを取り囲んでいた壁を取り壊させた。

1858年には、ユダヤ系の家庭に生まれた6歳のエドガルド・モルタラ(ボローニャ生まれ)を家政婦が洗礼させてしまった事件があった。ピオ9世は、彼をカトリックとして教育するため両親から引き離してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

教皇、ピオ12世を福者に

Pacelli11
教皇ベネデット16世は、ジョヴァンニ・パオロ2世のみならず、ピオ12世を福者にする文書に署名した(12月20日、Corriere della Sera).

ジョヴァンニ・パオロ2世の方は、みなが期待していたものであったが、ピオ12世の方は、事態は複雑である。パチェッリ教皇には、人種法からホロコーストに対しての「沈黙」という問題があり、その問題をめぐる論争が絶えないのだ。

厳密に言えば、ジョヴァンニ・パオロ2世とピオ12世は、「尊者」(venerabili)となったのであり、まだ福者(beati)になったのではないが、決定的な一歩を踏み出したと言える。あとは、死後に得られた奇跡の公式の承認をまつのみである。

ジョヴァンニ・パオロ2世の場合は、すでにその奇跡の事例は選ばれている。フランスの修道女マリー・シモン=ピエールが2005年にパーキンソン病が突然、説明出来ないしかたで治癒したことである。

ピオ12世の世俗名は、エウジェニオ・パチェッリ。1876年3月にローマで生まれた。1939年3月2日、教皇に選出された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

マッコウクジラが7頭死亡

220pxdirk_claesen__sperm_whale
マッコウクジラ7頭が、プーリアの海岸にさまよい上陸し、死亡した(12月19日、Corriere della Sera).

なぜガルガノの海岸までマッコウクジラがやってきたのかは不明だ。マッコウクジラの場合、群れを単位に動くので、群れのボスが方向をあやまち、それに群れが付き従ってきたのだと考えられている。

何頭かの鯨は、買い物のビニール袋を飲み込んでいた。死体を解剖したところ、胃からビニール袋が検出されたのである。クジラは、ビニール袋をイカと取り違えたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月28日 (月)

Upimの歴史

19_10_are_f1_205_medium
Upim の歴史が紹介されている(12月18日、Corriere della Sera).

Upim と言えば、経済的な、つまり安い商品を売っているデパート、スーパーである。しかしジョルジョ・アルマーニは、2品ウーピムで買ったものを身につけていても着こなしが良いことはある、との言葉を残している。

また詩人のアルダ・メリーニは、市場を巡り歩くのが好きだったが、「洋服は、Upimで買う方が好きだわ」と語っていた。

Upimは Unico prezzo italiano の略UpiにMilano のMがついた略号がチェーン店名になっている。一号点は、しかしながら、ミラノではなくヴェローナで1928年のことであった。最初はUpiという名前だったのだが、すでにUpiという名の会社があったこともあり、mを加える必要があったのである。

1969年に大きな変化が起こった。アニェッリ一族に買われたのである。

このたびは、UpimはCoinというグループに買い取られた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボッコーニにダイナマイト

700_dettaglio2_bocconi1
ミラノのボッコーニ大学に爆弾がしかけられた(12月17日, Corriere della Sera).

大学の地下道にダイナマイトが仕掛けられていたが、炎上したのは、導火線のみだった。仕掛けたのは、Fai (Federazione anarchica informale)でアナーキスト系の集団である。彼らは、フリウリのグラディスカのCie にも爆発物をしかけていた。

捜査当局は、他にも仕掛けるのではないかと警戒している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

ベルルスコーニにあたった土産物

Berlusconiferitofotosouvenirduomodi
ベルルスコーニに投げられたのは、ミラノのドゥオーモの模型の土産物だった(12月15日、Corriere della Sera).

その底辺は、10センチ×7センチで、高さは、屋根までが5センチ、尖塔の天辺までだと8センチある。材料は、大理石の粉のものと、樹脂、プラスティックのものがある。大理石の粉だと重さが334グラム。樹脂、プラスティックだと170グラム。値段も異なっており、大理石は10,5ユーロであるのに対し、樹脂、プラスティックは、5,6ユーロである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

ベルルスコーニ、警備の失敗

Aggre_01_672458_resize
先日のベルルスコーニ首相襲撃事件に関して、警備態勢の不備を指摘する声がある(12月14日、Corriere della Sera).

ベルルスコーニを警備する者は20人いて、2重の輪をつくって彼を囲んでいた。警官は100人が動員されていた。

まずかったとされているのは、警備の内側の輪に裂け目があったことと、自動車が群衆の中で止まってしまったことである。

ミラノの大聖堂前の広場では、なんらかの理由で、こうした不具合が生じていたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

ザンゾット肖像画展

127339_71788_medium
詩人アンドレア・ザンゾットを描いた肖像画展が開かれている(12月13日、Corriere della Sera).

詩人アンドレア・ザンゾットの最初の肖像画を描いたのは、詩人の父で、1938年のことだった。詩人はその時、17歳。本を読む姿を捉えている。

今回は、画家で、教会の装飾を担当していた詩人の父ジョヴァンニ・ザンゾットによるものの他、カルロ・デ・ロベルト、ピエル・パオロ・パゾリーニ、コッラード・バレスト、マリオ・スキファーノ等によるザンゾットの肖像画が並べられている。

会場は、ヴィチェンツァ県のマーロ、Casa Bianca で、1月10日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

《バーリア》、ゴールデン・グローブ賞にノミネート

Baariavipiaciuto ジュゼッペ・トルナトーレ監督の映画《バーリア》がゴールデン・グローブ賞の外国映画賞の候補にノミネートされた(12月16日、Corriere della Sera).

トルナトーレ監督は、「結果はどうであれ、すでに認められたことがうれしい」と語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

パスタのカルテル

Cartello パスタのメーカーに対して、カルテルを結んでいた疑いで捜査の手が入った(12月16日、Corriere della Sera).

捜査の対象となったのは、バリッラ(パルマ)、デ・チェッコ、ディヴェッラ、ガロファロ、アマートとウニピである。

捜査当局は、2007年から2008年にカルテルがあり、スパゲッティ、リガトーニなどの価格を50%上昇させたと見ている。

企業側は、カルテルの存在を否定している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

クレモナの学校でクリスマスを「光の祭り」と呼び換え

20091213_cremona
クレモナの小学校で、児童が様々な民族、宗教の子供がいることに配慮して、クリスマスにナターレという言葉を使わず、Festa delle luci という呼び変えをおこなう(12月12日、Corriere della Sera).

イエス・キリストの生誕を祝う祭りを「光の祭り」と呼び換えることを教師たちは決めた。こうした決定をしたのは、クレモナのマンゾーニ小学校。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

ローマのオペラ座、ダニエラ・デッシ降りる

Dany_adriana_palermo
ローマのオペラ座で、主役二人が演出のゼッフィレッリと衝突し、降板した(12月11日、Corriere della Sera).

降板した(させられた)のは、ソプラノ歌手のダニエラ・デッシ(49歳)とその伴侶のテノール歌手のファビオ・アルミリアート(53歳)。

演目は《トラヴィア−タ》。ゼッフィレッリによれば、椿姫の役は、もっと若い歌手がふさわしいとし、デッシの容姿だけでなく、声楽的にも準備が出来ていなかったとしている。しかし、指揮者のジェルメッティは演出家から距離を置き、「デッシは声楽的には抜群である。ゼッフィレッリが容貌や演出の点からこうした選択をした」としている。

劇場は払い戻しに応じるとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

ベルトーネ、アル・ジャジーラに出演

Bertone_medium
ヴァティカンの国務長官タルチーゾ・ベルトーネがカタールの放送局アル・ジャジーラに出演した(12月10日、Corriere della Sera).

ベルトーネ長官は、アル・ジャジーラのインタビューに応じ「各人に信仰の自由が保証されねばならない。教会は、その人の宗教に関わりなく人々のために動く」と語った。

ヴァティカンの国務長官、即ち、教皇にもっとも近い協力者がアラブのテレビ局のインタビューに応じたのはこれが初めてである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

イタリア文化会館

Y1pbwzq1slg38vn8zktsznimdoeuyu09aw
世界でのイタリア語の人気は増している(12月9日、Corriere della Sera).

ロッセッリ財団の調査によると、イタリア語は世界で学ぶ人の多い言語の中で5番目に位置している。

ヨーロッパ各国の大使館文化部の活動は次の通り

               
イギリス British Council 194 館   110カ国
ドイツ Goethe-Insutitut 149 館   91カ国
イタリアIstituti italiani di cultura  89 館 61カ国
スペイン Istituto Cervantes    73館 39カ国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

ナポリターノ大統領、テッタマンツィを擁護

Napolitano_1
ナポリターノ大統領は、北部同盟から攻撃された枢機卿テッタマンツィを擁護した(12月9日、Corriere della Sera).

ナポリターノ大統領は、テッタマンツィにミラノで会ったのだが、彼は「まだ私は殉教者にはなっておりません」と冗談をとばした。そこには、ヴァティカンの国務長官タルチーゾ・ベルトーネも同席した。

そもそもは、北部同盟の新聞パダーニャにロベルト・カルデローリがテッタマンツィは、「司教なのか、イマム(イスラム教指導者)なのか」という痛烈な攻撃をしかけたことに端を発している。テッタマンツィが、移民に投票権を与えることに賛成とされることが攻撃の原因だったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

ベルルスコーニ襲撃される

Sangue_big180x140
Aggre140x180
ベルルスコーニ首相が、襲撃された(12月14日、Corriere it.)

日曜日に、ミラノのドゥオーモ広場での集会の後、ファンに囲まれているところへ、42歳のマッシモ・タルタリア(写真)という男に、土産物のドゥオーモの模型を投げつけられ、顔面に当たり、歯を二本折った。

男はすぐに逮捕されたが、前科などはない。10年間、精神科にかかっている。

ベルルスコーニ首相は、検査などのため、サン・ラッファエーレ病院に入院した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

高速道路の最高速度を150キロに

Autostrada01g
高速道路の最高速度を時速130キロから150キロへ上げるかどうかの議論が起こっている(12月7日、Corriere della Sera).

ただし、最高速度があがるのは、片道三車線の区間でかつ、速度を測る器具が設置されている区間に限る。イタリアのねずみとり(tutor) は、瞬間的な速度ではなくて、ある区間の平均速度を出すもので、ある区間の平均速度が制限をやぶっていると罰金や免許の点数が減点となるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

マフィアのボス、2人逮捕

20091205_nicchi17
マフィアのボスが、パレルモとミラノで逮捕された(12月6日, Corriere della Sera).

ジョヴァンニ・ニッキ、28歳は、ドメニコ・ラックリアの逮捕の後、パレルモのマフィアのボスと考えられてきた。

一方、ガエターノ・フィダンツァーティ、74歳は、麻薬取引の元締めである。

ベルルスコーニは、「(自分への)中傷に対する答えだ」としている。

マローニ内相は、「あと欠けているのは、メッシーナ・デナーロだがまもなく捕まえる」としている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

スパトゥッツァ:ベルルスコーニに言及

4a23df57ee75b_zoom
ガスパーレ・スパトゥッツァというマフィアの裁判が始まった(12月5日、Corriedre della Sera).

スパトゥッツァは、6つの虐殺、40の殺人を犯したとされる。その中には、12歳の子供を殺し、強い酸で溶かした事件も含まれている。

トリノの裁判所での、スパトゥッツァの証言によると、1994年、ローマのヴィア・ヴェネトとのバールでボスのジュゼッペ・グラヴィーノと会ったが、その時に、ベルルスコーニとデルトリの名前が出たという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

アリタリア、アエロフロートと提携

Alitalia_
アリタリアとアエロフロートの提携が進もうとしている(12月4日、Corriere della Sera).

ヴィッラ・マダーマで、イタリアのベルルスコーニ首相とロシアのメドベージェフ大統領の間で、合意文書が交わされたが、その中には航空会社アリタリアとアエロフロートに関するものが含まれていた。

両者はコードシェアリング便を設定する予定だ。アリタリアのトップ、ロベルト・コラニンノはローマーモスクワ間の定期便就航の可能性も否定しなかった。

両国間の合意には、ENIとガスプロムとのものも含まれているし、フィンメカニカとRussian Technologies の間のものも含まれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

フィーニ;ベルルスコーニは私に敬意を払うべき

105271
フィーニとベルルスコーニの関係が険悪になっている(12月3日、Corriere della Sera).

下院議長ジャンフランコ・フィーニと首相シルヴィオ・ベルルスコーニの間が険悪になっている。どちらも、コンタクトを取ろうとせず、相手の考えがわからないとしている。与党PDLの内部でも論争がおこり、スカイヨーラはフィーニは、党の路線からはみだしてしまったとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失業者200万人を越える

Disoccupati_122202
イタリアの失業者が今年10月に200万人を越えた(12月2日、Corriere della Sera).

イタリアの失業者が200万人を越えたのは、2004年3月以来のこと。Istatの調べによる。

失業率は8%。前月は7,8%だったし、1年前は7%だった。

また、15歳から24歳の若者の失業率は26,9%にのぼっている。

求職中の人のうち、こうした若者と女性が約半分の97万8000人を占めている。その数は、2008年10月と比べ、11,2%増加している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

アッバードとポッリーニ、テレビで共演

Abbado_e_orchestra_mozart__credits_
クラウディオ・アッバードがダニエル・バレンボイム、マウリツィオ・ポッリーニとともにテレビに出演する(12月1日、Corriere della Sera).

3人の音楽家が登場するのは、ファビオ・ファツィオの番組で、RAI3の Che tempo che fa という番組。バレンボイムは今シーズンのスカラ座開幕を『カルメン』で飾るし、クラウディオ・アッバードは、来年6月に23年ぶりにスカラ座に復帰して、オーケストラを指揮する。アッバードはその条件として、ミラノに9万本植樹することを要求した。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

司祭の独身制は、ドグマではない

Martini
司祭の独身制が議論になっている(11月29、30日、Corriere della Sera).

イタリア司教会議の機関紙Avvenire に寄稿する神学者ジャンニ・ジェンナーリは語る、「近い将来にやってくるでしょう。...司祭の独身制は、ドグマ(教義)ではないのです。教会法の規定であって、それは1139年に遡り、トレント公会議で固定化されました。公会議を招集したのはパオロ3世、即ちアレッサンドロ・ファルネーゼですが、彼には4人の子供があり、そのうち2人を認知しました...皮肉でなく、教会の中でも、歴史は変化しながら進んできたと申し上げたいのです」。 

カルロ・マリア・マルティーニ枢機卿は、西欧における深刻な状態(聖職者志願者の不足)に関しては、教会自ら問うてみるが良いだろう、と述べた。

また、独身制の変更の可能性についてはこれまでにも司教会議で議題としてはとりあげられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

ベルルスコーニは捜査されていない

Berlusconi1102x150
フィレンツェの検事局は、ベルルスコーニが捜査されていないと声明を出した(11月29日、Corriere della Sera).

フィレンツェの検事局は、1993年のマフィアによる爆弾テロの再調査を開始したが、それに伴って、マスコミでは、ベルルスコーニ首相およびマルチェッロ・デッルトリ上院議員が捜査の対象なのではないか、という情報が激しくとびかった。そのためフィレンツェ検事局長のジュゼッペ・クヮットロッキは、二人とも捜査されていないと声明を出すことを余儀なくされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

テルミニ工場を閉めるならフィアットには補助するな

Lapr_17309687_31090
フィアットのテルミニ・イメレーゼ工場の閉鎖をめぐり激しい議論が起こっている(11月28日、Corriere della Sera).

12月1日には、フィアットのセルジョ・マルキオンネと経済発展大臣のクラウディオ・スカイオーラが会談する予定である。

労働組合の反応としてはCgil の書記長エピファーニは、フィアットはアメリカのことを考えるのを減らし、イタリアのことを考えるのを増やすべきだとしている。さらに厳しいのは、Cislの書記長ボナンニで、もしフィアットがシチリアのテルミニ・イメレーゼ工場を閉鎖するなら、政府は1ユーロたりとフィアットに補助すべきでないとしている。

ボナンニが念頭に置いているのは、買い換えに関する政府の補助だが、年末に期限切れとなるものを延長するかどうかである。ボナンニは、延長するには2つの条件が必要だとしている。2つとは、第一が、政府から来たお金を電気や水素エンジンの開発に費やすこと。第二は、イタリアの工場を閉鎖しないことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

セボルガ公国のジョルジョ1世、死去

20091125_seborga
セボルガ公国の君主ジョルジョ1世が亡くなった(11月28日、Corriere della Sera).

セボルガ公国は、リグリア州の西端にある小さなコムーネあるが、住民は「君主」を選んでいる。ルイジーノという「貨幣」も発行しているが、セボルガの街でのみ通用する。街の警察は、‘guardia'と呼ばれ、派手な制服を着ている。臣下のものは320人。

ジョルジョ1世(ジョルジョ・カルボーネ)は73歳で亡くなった。臣民たちは喪に服している。セボルガの市長フランコ・ゴリアリーニは、セボルガ公国はジョルジョ1世とともに生まれ、彼とともに死んだおとぎ話だとしているが、ジョルジョ1世の8人の大臣たちは納得していない。ストラスブルグの国際法廷でイタリアからの独立を承認してもらおうとしている。

根拠は、次の通り。1748年にシトー派修道会士がセボルガをサヴォイア家に譲渡したが、正式に調印されなかった。だからーとサボルガの人々は主張するーわれわれはサヴォイア家の元にも入らなかったし、その後、イタリア共和国のもとにも入っていないのだ。

この考えは世界をかけめぐり、ジョルジョ1世は、BBCやタイムからインタビューを受けた。その後、通貨や、国旗(青地に白の十字)、自動車のプレートなどが作り出された。また、テンプル騎士団の秘密がこの街には隠されているとも言われている。

ジョルジョ王は、フランス、スペイン、ベルギー、日本への大使を任命していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

自動車の中も禁煙

Divieto_fumare
イタリアでは自動車の中も禁煙となる(11月27日、Corriere della Sera).

理由は、喫煙が事故の原因となるからだ。自動車事故のうち、他のものごとに気をとられているのが原因なのは15、57%ある。もちろん、それは煙草だけではない。反応時間を較べると、携帯電話に応答するのは、2、1秒で、煙草に火をつけるのは4、9秒で倍以上かかる。

イタリアの喫煙者は25、4%で、1300万人、男性が710万人、女性が590万人である。

自動車での禁煙に違反すると、罰金は250ユーロと免許の減点5が科せられる。また、車中に子供がいると罰則は倍になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

ヴェロニカ、首相に、月350万ユーロを要求

Image_1140x180
別居中のベルルスコーニ夫人ヴェロニカは、月350万ユーロを要求している(11月26日、Corriere della Sera).

ヴェロニカは、2009年4月28日に、「わたしの結婚は終わった」と宣言し、別居を求めた。さらに、経済的要求、とりわけ、三人の子供のファミリー企業における役割を求めている。

ヴェロニカは、年間4300万ユーロを求めている(月350万ユーロ)。

首相側はこれを拒否、月20万ユーロを提示し、交渉次第では、30万ユーロになるとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

トレモンティ、イタリアは成長する

191099tremonit
経済大臣トレモンティは2010年にイタリアは経済成長するという見通しを明らかにした(11月25日、Corriere della Sera).

トレモンティによれば、2010年にイタリアは国内総生産が1%あるいはそれ以上成長するとの見通しを明らかにした。

その一方で、不況脱出のための魔法の薬はない、と釘をさした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

マッラッツォ事件、第二の死者の調査

Marrazzo
マッラッツォ事件で死亡した麻薬の売人カファッソの死亡は他殺の可能性が疑われている(11月24日、Corriere della Sera).

ラツィオ州の元知事(写真)が、トランスとの関わりをもったスキャンダルから発したマラッツォ事件だが、死亡した麻薬の売人でトランスの「保護者」(protettore)だったジャングェリーノ・カファッソ、36歳、が死亡した事件は、彼の使用した麻薬が、2つに割られ、そこに毒薬がいれられたか、あまりに純度の高い麻薬にかえられていた可能性が調査されている。

死亡したトランスのブレンダの事件も、事故に偽装した殺人である疑いも浮上している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fiat Doblò、家庭向けにかわる

Fiat_doblo_26434
フィアット・ドブロが顔つき、エンジンを新しくしてアメリカでデビューする(11月23日,Corriere della Sera).

いわゆるマルチ・スペースと呼ばれるタイプで、もともとは商用車(Cargo)だった。シトローエンのBerlingo やプジョー、ルノーのマルチスペース車がライバルである。

この車はクライスラーの一部門にRamというブランドを作りそこからアメリカで販売される。

ドブロの新型は、5人または7人乗りである。エンジンはガソリンの1,4リッター95馬力、ディーゼルで1,3リッター90馬力、1,6リッター105馬力、2,0リッター135馬力がある。ディーゼルの1,3リッターの車は、1キロあたり129グラムのCO2を排出する。燃費は100キロを4,8リットルで走る(リッター20キロ強となる)。値段は、1万6000ユーロから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

イタリア、子供の数が減る

Otto_ragazzi_tirrenia_gara_regional
イタリアは過去30年間で、15歳以下の子供の比率が3分の1も減った(11月21日、Corriere della Sera).

Istat によると、 1979年には、14歳以下の子供の比率は全人口の22,6%だったが、2008年末には、14%になった。18歳の人の比率は、1,009%。

他方、65歳以上の人の割合は、1979年の13,1%から2008年末には20%にまで上昇した。

ただし南部は、少子高齢化の進展が少しゆるやかで、南部に限れば、15歳以下は15,4%、65歳以上の比率は、17,7%となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレンダの検屍

Brenda2
ブレンダの検屍の結果、彼女は、窒息死であることが判明した(11月22日、Corriere della Sera).

ブレンダは、ブラジル出身のトランスセクシュアル(trans)で、マラッツォ事件に絡んでいたが、死因は住居からでた火災の酸化炭素によるものと断定された。身体に暴力をうけた痕跡はなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »