« 教皇、ピオ12世を福者に | トップページ | RAI の視聴料値上げ »

2009年12月31日 (木)

ピオ12世の資料は5年後に公開

Pio_xii
ピオ12世統治下の資料は、5年後に公開する(12月21日、Corriere della Sera).

「ピオ12世の治世の資料は、資料館員が説明したように、1600万ページにのぼる。1万5000以上のファイルになる。これらを整理するだけでも、あと5,6年はかかる。秘密や、秘密にしておくべき文書という問題ではない、知るべきことは、すでにもう知られている」と、教皇座(Santa Sede)のスポークスマン、フェデリーコ・ロンバルディ神父は語った。

教皇庁とユダヤ人社会の摩擦は、歴史的に遡ると、1555年に教皇パオロ4世がゲットーをローマにつくったことがある。1848年にピオ9世がゲットーを取り囲んでいた壁を取り壊させた。

1858年には、ユダヤ系の家庭に生まれた6歳のエドガルド・モルタラ(ボローニャ生まれ)を家政婦が洗礼させてしまった事件があった。ピオ9世は、彼をカトリックとして教育するため両親から引き離してしまった。

|

« 教皇、ピオ12世を福者に | トップページ | RAI の視聴料値上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47144223

この記事へのトラックバック一覧です: ピオ12世の資料は5年後に公開:

« 教皇、ピオ12世を福者に | トップページ | RAI の視聴料値上げ »