« マッコウクジラが7頭死亡 | トップページ | ピオ12世の資料は5年後に公開 »

2009年12月30日 (水)

教皇、ピオ12世を福者に

Pacelli11
教皇ベネデット16世は、ジョヴァンニ・パオロ2世のみならず、ピオ12世を福者にする文書に署名した(12月20日、Corriere della Sera).

ジョヴァンニ・パオロ2世の方は、みなが期待していたものであったが、ピオ12世の方は、事態は複雑である。パチェッリ教皇には、人種法からホロコーストに対しての「沈黙」という問題があり、その問題をめぐる論争が絶えないのだ。

厳密に言えば、ジョヴァンニ・パオロ2世とピオ12世は、「尊者」(venerabili)となったのであり、まだ福者(beati)になったのではないが、決定的な一歩を踏み出したと言える。あとは、死後に得られた奇跡の公式の承認をまつのみである。

ジョヴァンニ・パオロ2世の場合は、すでにその奇跡の事例は選ばれている。フランスの修道女マリー・シモン=ピエールが2005年にパーキンソン病が突然、説明出来ないしかたで治癒したことである。

ピオ12世の世俗名は、エウジェニオ・パチェッリ。1876年3月にローマで生まれた。1939年3月2日、教皇に選出された。

|

« マッコウクジラが7頭死亡 | トップページ | ピオ12世の資料は5年後に公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47141091

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇、ピオ12世を福者に:

« マッコウクジラが7頭死亡 | トップページ | ピオ12世の資料は5年後に公開 »