« サバタ指揮コンクール、一等はなし | トップページ | クララ・ペタッチの日記 »

2009年11月10日 (火)

詩人アルダ・メリーニ死去

Aldamerini
詩人のアルダ・メリーニが亡くなった。78歳であった(11月2日、Corriere della Sera).

数日前からミラノのサン・パオロ病院に入院していたが、1日に亡くなった。

アルダ・メリーニは1931年3月21日ミラノに生まれた。16歳で詩を書き始めた。最初に彼女を有名にしたのは詩集『オルフェオの存在』(1953)だった。その年、エットレ・カルニーティと結婚。1965年にパオロ・ピーニ精神病院に入院、数年をへて退院した。

何度かノーベル賞候補にもなった。

メリーニについて語るとき、ディーノ・カンパーナやアメリア・ロッセッリについて語る時のように、狂気の問題がすぐに問題となった。長年、精神病院に入院していたのだった。

最初の詩集にパゾリーニは感銘をうけ、カンパーナとリルケを引用して褒め讃えた。

メリーニの友人には、40年代には、ジョルジョ・マンガネッリ(1922−1990)、ついでマリア・コルティ(1915−2002)、また、1988年に彼女を再発見したジョヴァンニ・ラボーニ(1932−2004)がいる。

|

« サバタ指揮コンクール、一等はなし | トップページ | クララ・ペタッチの日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46723408

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人アルダ・メリーニ死去:

« サバタ指揮コンクール、一等はなし | トップページ | クララ・ペタッチの日記 »