« イタリア、不況を抜け出る | トップページ | クララ・ペタッチの日記 »

2009年11月22日 (日)

イタリアの地デジ事情

Digitale_terrestre
ローマが月末にかけて地上波がデジタル放送に切り替わる(11月15日、Corriere della Sera).

ラツィオ州の地上波は、ヴィテルボを除き、11月16日から30日の間にデジタル波に切り替わるのである。古いテレビの所有者は、デコーダを買わなければならない。デコーダの価格は、25から120ユーロ。

ラツィオ州以外では、すでにサルデーニャ州、ピエモンテ州の西半分、ヴァル・ダオスタ州、トレンティーノ・アルトアディジェ州がすでに地デジに切り替わっている。

ローマはベルリンについで、地デジに切り替わるヨーロッパの首都となる。2012年中には、ヨーロッパ全体が地上波デジタル(digitale terrestre) に切り替わる。

イタリアで、少なくとも主な住居にデコーダをそなえている家庭は、1170万家庭。2004年から今日まで売れたデコーダは1900万台。

|

« イタリア、不況を抜け出る | トップページ | クララ・ペタッチの日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46832712

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの地デジ事情:

« イタリア、不況を抜け出る | トップページ | クララ・ペタッチの日記 »