« マテオ・リッチ没後400年 | トップページ | ミラノーナポリ4時間強に »

2009年11月 6日 (金)

大学改革

Gelmini32_2
ジェルミーニ教育大臣の大学改革案が明らかになった(10月29日、Corriere della Sera)

これまで新任の教員の月給は1300ユーロだったものを2100ユーロにあげる。

専任となる年齢を36歳から30歳に下げる。

学長の任期は、これまで大学ごとにまちまちであったが、最高8年と定める。

研究員は6年間(3+3)のあと、優秀であると認められた場合には準教授として採用される。

国別にみた大学数と課程(コース)数と教員数は次の通り

      大学   課程    専任教員
イタリア  87   5960  11万3980
フランス  83   4878   8万9698
ドイツ  104   1万2000 24万8938
イギリス 117   5009   16万9995
スペイン  75   3184   10万2300

|

« マテオ・リッチ没後400年 | トップページ | ミラノーナポリ4時間強に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46683306

この記事へのトラックバック一覧です: 大学改革:

« マテオ・リッチ没後400年 | トップページ | ミラノーナポリ4時間強に »