« 詩人アルダ・メリーニ死去 | トップページ | EU裁判所、十字架撤去求める »

2009年11月10日 (火)

クララ・ペタッチの日記

Claretta_petacci
ムッソリーニの愛人であったクララ・ペタッチの日記が出版される(11月16日、Corriere della Sera).

クララ・ペタッチ(1912−45)は、ムッソリーニと1932年に知り合い、1936年からは愛人となった。今回、出版される Mussolini segreto (秘密のムッソリーニ)(Rizzoli, 521 ページ、21ユーロ)は、1932年から38年にかけてのペタッチの日記をまとめたものである。

最初の数年は、葉書やメモなのだが、1937年10月以降はがぜん詳しくなる。もちろん、すべてを真実と受け止めることは出来ないだろう。永遠の愛の誓いや、ムッソリーニの妻に対する非難(長い間、妻に裏切られていたとしている)、ある種の異性に関する自慢(サヴォイア家のマリア・ジョゼがムッソリーニを誘惑しようとしたとしている)などは疑いをはさむ余地がある。

しかし、政治的なことに関しては、ムッソリーニがクララ(クラレッタ)に対して、自分の意見をねじまげる必要は見あたらない。この日記は、長い間、国家が保管していたのである。

また、ここには、ムッソリーニがどんな言葉で自分がクララに夢中なのだと告白していたかも赤裸々に書かれている。

さらに、1938年8月4日は、その20日前に人種宣言が出たのだが、「私(ムッソリーニ)は21年から人種(差別)主義者だった...イタリア人には人種の観念を与えねばならん。」とある。

また、1938年10月8日には、ピオ11世の「われわれは霊的にはすべてユダヤ人である」との宣言と、ユダヤ教徒とカトリック教徒の間の結婚の有効性を認めるよう求めたことに苛立っている。「この教皇が教会に対して行う害がどれほどか君には分かるまい...深い信仰をもったカトリックは彼を嫌っている...彼はすべてにおいて間違っている。われわれがユダヤ人と似ているだと!」

|

« 詩人アルダ・メリーニ死去 | トップページ | EU裁判所、十字架撤去求める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46833768

この記事へのトラックバック一覧です: クララ・ペタッチの日記:

« 詩人アルダ・メリーニ死去 | トップページ | EU裁判所、十字架撤去求める »