« ゲオルギューとアラーニャ離婚 | トップページ | サバタ指揮コンクール、一等はなし »

2009年11月 9日 (月)

《副王家の一族》

T0007877
映画《副王家の一族》(ロベルト・ファエンツァ監督)を見た(渋谷・東急文化村/ル・シネマ)

歴史小説が原作である。シチリアのカターニャが舞台。原作者はフェデリーコ・デロベルト。

イタリアの国家統一、リソルジメント前後のシチリアの貴族の一家をその欲望を中心に、政治的信条の節操のなさを含め容赦なく描く時代劇。

見事なコスチューム劇と言えよう。また、リソルジメントの時期に流通した言説と、貴族の本音が見えて面白い。これは、歴史を信じない作家の書いた歴史小説が原作なのだ。

絶対君主的な家長をランド・ブッツァンカ、その父に反逆する息子コンサルヴォをアレッサンドロ・プレツィオージ、コンサルヴォの妹テレーザをクリスティアーナ・カポトンディが、いとこジョヴァンニ―ノをグイド・カプリーノが、大叔母フェルディナンダをルチア・ボゼーが演じている。

相続での骨肉の争い、家族の結婚に関する家長の権威、修道院の性的堕落など社会の裏面が容赦なく暴かれているが、映画としては不思議と重くはない。何といっても時間が短く、ひとつひとつのエピソードは軽くしか扱われないので、良くも悪くも重厚なタッチにはならない。

とても興味深い映画であった。自由な結婚が出来るようになると、万人の万人に対する競争状態となって決して、甘くはない世界なのだが、150年前のように、自分の意思で結婚が決められない状態が良かったかというと、とんでもないということがあらためて判るエピソードがある。

教会や修道院は、昔は、貴族の次男などは、信仰の浅い深いと関係なく、修道士にさせられたりしたことがわかる。女性もしかりである。このあたりは結構、皮肉たっぷり、風習喜劇的でもある。

時代的には1850年代から1880年代の事件が背景となっている。

|

« ゲオルギューとアラーニャ離婚 | トップページ | サバタ指揮コンクール、一等はなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46714614

この記事へのトラックバック一覧です: 《副王家の一族》:

« ゲオルギューとアラーニャ離婚 | トップページ | サバタ指揮コンクール、一等はなし »