« ベルルスコーニ、選挙はない | トップページ | ベニーニとコッポラ、映画を共作か »

2009年11月27日 (金)

FAO、原則を語るも予算措置はなし

Fao_logo_web ローマで開かれたFAO(国連食糧農業機構)の会議で、食糧安全政策が議論されたが、予算措置は決められなかった(11月17日、Corriere della Sera).

教皇ベネデット16世は、食べ物はすべての人にとっての権利だと主張し、食糧の無駄遣いは受け入れがたいとの見解を示した。

世界では、毎日1万7000人の子供が餓死している。

会議では2015年までに、飢えに苦しむ人を半分に減らすという目標は定めたが、そのための予算措置は決定できないままに終わった。

|

« ベルルスコーニ、選挙はない | トップページ | ベニーニとコッポラ、映画を共作か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46866853

この記事へのトラックバック一覧です: FAO、原則を語るも予算措置はなし:

« ベルルスコーニ、選挙はない | トップページ | ベニーニとコッポラ、映画を共作か »