« ルテッリ、民主党離脱か? | トップページ | 大学改革 »

2009年11月 5日 (木)

マテオ・リッチ没後400年

P_matteo_ricci4 マテオ・リッチ没後400年を記念した展覧会がヴァティカンで開かれる(10月27日、Corriere della Sera).

マテオ・リッチは1552年10月6日イタリアのマチェラータで生まれ、イエズス会士となり、1610年5月11日北京で死んだ。

マテオ・リッチは本格的に中国語を理解し話した最初のヨーロッパ人とされる。

しかし、彼の伝道のしかたは18世紀のはじめにカトリック教会から断罪された。ようやく1939年にピオ12世が彼の名誉回復を果たしたのである。

その後はジョヴァンニ・パオロ2世がなんども伝道の模範として引用している。

展覧会は10月30日から来年の1月24日まで。

|

« ルテッリ、民主党離脱か? | トップページ | 大学改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46662606

この記事へのトラックバック一覧です: マテオ・リッチ没後400年:

« ルテッリ、民主党離脱か? | トップページ | 大学改革 »