« 1978年、アメリカはイタリア共産党を分裂させる作戦をたてた | トップページ | トレモンティ、定職を擁護 »

2009年10月27日 (火)

イタリア観光のリーダーの座をすべり落ちる

Turismoitalia
イタリアは観光地として世界第5位にすべり落ちた(10月20日、Corriere della Sera).

かつて1970年には、イタリアの観光産業は世界でもっとも栄えていた。

その後、フランスが追い越し、ついでアメリカが抜き、スペインそして2004年には中国が抜いた。こうしてイタリアは世界第5位となった。

こうした退潮の原因は何か。高すぎる価格、インフラの不備、治安の不安、政治の混乱などがあげられる。2009年のWorld economic forum によれば、イタリアの観光業の競争力は世界で28番目。競争力の点で、直接のライバルのフランスやスペインに劣るのみならず、ポルトガル、ギリシア、アイスランド、キプロスやエストニアにも負けているのである。

価格競争力は、133カ国中130位。治安は82位。環境は51位。教育は45位である。

イタリアのホテル数はアメリカについて多いのだが、規模が小さい。イタリア全国で、103万4710部屋があるが、3万3768のホテルがある。1ホテルあたり30部屋である。スペインの場合46,1部屋、フランスは34,6部屋である。また、チェーン店の占める割合がイタリアでは4%に過ぎないのに対し、ヨーロッパ平均では20%となっている。

|

« 1978年、アメリカはイタリア共産党を分裂させる作戦をたてた | トップページ | トレモンティ、定職を擁護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46592157

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア観光のリーダーの座をすべり落ちる:

« 1978年、アメリカはイタリア共産党を分裂させる作戦をたてた | トップページ | トレモンティ、定職を擁護 »