« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

ヴェスパのギャラは高すぎるか?

Agf_11222092_27010
テレビ番組の司会者ブルーノ・ヴェスパのギャラが高すぎるのではないかとして、Raiは来年の契約を保留した(10月23日、Corriere della Sera).

ヴェスパとの5年契約は2010年8月に切れる。RAIの総局長のマウロ・マージは、2012年までに6億ユーロの累積赤字が出る見通しなので、これは受け入れられないとしている。

ヴェスパはこれまで、年118万7000ユーロの契約であったが、それを160万ユーロに増額することを要求していた。

他のタレントでは、シモーナ・ヴェントゥーラの場合、昨年の年180万ユーロから今年は年170万ユーロの2年契約に変わっている。ファビオ・ファツィオは、年200万ユーロ。前の契約と変更なし。アントネッラ・クレリチは、昨年の180万から140万に減額されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

イタリア伝記辞典の危機

Dizionariobiografico
イタリア伝記辞典の刊行が危機に瀕している(10月22日、Corriere della Sera).

この Dizionario Biografico degli Italiani が誕生したのは、1960年。105巻で、4万項目を予定していた。誕生から約半世紀をへて、73巻が刊行された。しかし、刊行母体の Treccani の危機が刊行の継続を危うくしている。

現在の編集部のジュゼッペ・モンサグラーティは、この辞書は世界中でその学術的価値を評価されている、と語る。イタリア文化の質低下をふせぐためにも国家的介入の必要性を訴えている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

ヴァティカン、イギリス国教会に扉を開く

20080719_benedetto_xvi
イギリス国教会の伝統派がカトリック教会に受け入れられた(10月21日、Corriere della Sera).

記者会見は、ヴァティカンとロンドンで同時に開かれた。ヴァティカンでは、教理省長官ウィリアム・ジョゼフ・レヴァダ枢機卿が記者会見に応じた。

前日、合意に達したのは、イギリス国教会のなかの伝統主義者(tradizionalisti、Traditional Anglican Communion)が、2007年以来カトリック教会への入会を要望していたのがかなえられたことである。彼らは、女性祭司や同性結婚への祝福が受け入れられなかったのである。国教会の祭司で、すでに結婚していたものは、妻子をともなったままでカトリックの司祭になれる。

人数はまだ確定していないが、Traditional Anglican Communion は50万人の信者がおり、30ー50人の司教がいる。

そもそもカトリック教会とイギリス国教会の分裂は、1549年にヘンリー8世が首長令(Atto di supremazia) を発して、自らをイギリス国教会の長としたことに始まる。

1549年には、エドアード6世が英語の典礼を導入した。Book of Common Prayer でカルヴァン派の要素が入った。

イギリス国教会は、女性の司祭を認めている。また、結婚した人が叙任される可能性が開かれている。イギリス国教会の長は、カンタベリー大司教である。

386年の会議で、はじめて、司教や司祭で結婚しているものは、一緒に住んではいけないと決まった。

1545ー63年のトレント公会議で、聖職者の独身性が義務となった。

1917年に司祭の独身が教会法に組み入れられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

トレモンティ、定職を擁護

0krgzu5a180x140
経済大臣トレモンティは定職を擁護し、ベルルスコーニ首相もそれに同調した(10月21日、Corriere della Sera).

その言葉に対して、労働組合は懐疑的である。

2009年の第二4半期現在220万人が、期限付きの仕事についている。期限なしの定職についているのは、1510万人。

2008年1月から2009年1月の間に、仕事が打ち切られたもののうち、期限付き契約だったのは全体の65,9%にのぼる。

逆に、2008年1月から2009年1月に新たに労働契約が結ばれたうち、期限なしの定職の割合は、23,9%であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

イタリア観光のリーダーの座をすべり落ちる

Turismoitalia
イタリアは観光地として世界第5位にすべり落ちた(10月20日、Corriere della Sera).

かつて1970年には、イタリアの観光産業は世界でもっとも栄えていた。

その後、フランスが追い越し、ついでアメリカが抜き、スペインそして2004年には中国が抜いた。こうしてイタリアは世界第5位となった。

こうした退潮の原因は何か。高すぎる価格、インフラの不備、治安の不安、政治の混乱などがあげられる。2009年のWorld economic forum によれば、イタリアの観光業の競争力は世界で28番目。競争力の点で、直接のライバルのフランスやスペインに劣るのみならず、ポルトガル、ギリシア、アイスランド、キプロスやエストニアにも負けているのである。

価格競争力は、133カ国中130位。治安は82位。環境は51位。教育は45位である。

イタリアのホテル数はアメリカについて多いのだが、規模が小さい。イタリア全国で、103万4710部屋があるが、3万3768のホテルがある。1ホテルあたり30部屋である。スペインの場合46,1部屋、フランスは34,6部屋である。また、チェーン店の占める割合がイタリアでは4%に過ぎないのに対し、ヨーロッパ平均では20%となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

1978年、アメリカはイタリア共産党を分裂させる作戦をたてた

Storico124422320803095932_big
1978年、アメリカは、イタリア共産党を分裂させる計画を立てていたことが、イギリスの秘密文書から明らかになった(10月19日、Corriere della Sera).

Split the Pc と呼ばれる秘密作戦で、イタリア共産党が政府の連立に加わるのを阻止しようとするものだった。その内容は、イギリスの秘密文書のうち2009年に秘密解除になったものから明らかになった。マリオ・チェレギーノとジュゼッペ・カザルッベアが発見した。

この作戦は、文書によれば、1978年1月にワシントンで誕生した。リチャード・ガードナーがイタリア大使として1977ー1981年まで赴任していた時代である。彼は、詳細な報告を求められ本国に呼ばれた。彼は暗い見通しを報告した。

ワシントンは大使館にヨーロッパ諸国の政府の意向を調査させた。ところが秘密会合で転回があった。国務長官のサイラス・ヴァンスと側近のジョージ・ヴェストは、大統領ジミー・カーターの意向をうけ極端な解決法に反対したのであった。(写真は78年に起こったアルド・モーロ元首相誘拐殺害事件で発見された遺体)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

『現代イタリアの社会保障』

51qnfty799l_sl500_aa240_
『現代イタリアの社会保障ーユニバーサリズムを越えて』(旬報社、4300円)が出版された。

著者は6人。小島晴洋、小谷眞男、鈴木桂樹、田中夏子、中益陽子、宮崎理枝の6氏。本書は、はしがきにあるように、イタリアの社会保障について、その全体像を体系的に明らかにした、日本におけるおそらく初めての出版物である。

本の構成は、第1部が「イタリアの社会保障の理念と特徴」。ここでは、イタリアだけでなく、たとえばスウェーデンのようなユニバーサルな方向を理念としてめざした社会保障とイタリアはどう違うのかが、4つの類型をたてて解き明かされる。そこには、先行研究の理論的な枠組み(たとえばエスピン・アンデルセン、フェッレーラやサラチェーノ)が参照されている。

第2部は、「イタリアの社会保障の概要」。ここでは、法的な体系、EUとの関係、社会保障の担い手(公共部門、IPAB(教会系とくくっておくが、詳細は本書のpp.104-106をご覧あれ)、サードセクター)が記述される。

第3部は、「社会保険および保健」。イタリアの年金制度は、ジャングルのように複雑で、しかもアマート改革、ディー二改革と次々に手直し、改革がなされるので、理解するのも、記憶するのも独力では決して容易ではないが、本書の記述は、コンパクトな歴史的経緯の記述と、事実に即したシステムの説明が手際よく、ガイドブックとしての出来がすこぶる良い。
 ここでは、労働災害や失業保険制度、失業保険制度ときわめて関係が深いのだが厳密に言うと失業保険ではない給与補填金庫(Cassa integrazioni) についても詳しい説明がある。今回の経済危機でもフィアットの工場の労働者は、失業したのではなく、企業の操業停止や操業短縮をうけて、INPS(全国社会保障機構)が所得を保障している。それが給与補填金庫という制度によるものなのである。Cassa integrazione という単語は、しばしば新聞に登場するし、一応の訳語は、辞書にも掲載されているのだが、その仕組みを知るのは簡単なことではなく、本書は、伊和辞典が記述しきれない制度的な説明が由来や根拠となった法律とともに示されている。

 Cassa integrazione だけではなく、かなりのキーワードにはイタリア語の原語が付されているので、社会保障関係の単語で辞書に出ていないものの訳語を探すときには必須の書となるであろう。
 著者は法学、政治学関係者が大半であるためか、法律用語に関しても明確な説明と訳語が付されている。たとえば decreto legge についてはこれまで暫定措置令と訳すことが多かったが、ここでは緊急法律命令という訳語があてられ、その理由も説明されている。つまり暫定措置令では、法律と同じ効果を有する点が理解されにくいし、立法命令という訳語では、暫定性、緊急性のニュアンスが出ないというのが新たな訳語をとった理由なのである(p.72).

第4部は「福祉」。児童・家族に関して、養子や里親の問題、脱施設化の問題(孤児院をなくすという方針)、保育所、高齢者福祉の問題が取り上げられている。障害者に関しても、障害者、障害児、バザリア法による精神病棟廃止(脱施設化)の運動、障害児教育についてコンパクトながら充実した記述がなされている。災害援助や移民・外国人労働者のヤミ労働まで、本書のパースペクティヴはきわめて広い。

第5部は資料編。福祉の基本法や関連法、憲法、そして日伊対訳用語リストがある。

社会保障の現在を理解するために非常に役に立つ本であるが、イタリア政治との連関も詳しい。どの政権(中道右派、中道左派)の時に、どういう法律がどういう意図で作られて、今の制度があるといった記述は貴重である。

本書は、現代イタリアを理解する上で必携の書であると信じる。社会保障に関して、イタリアと北欧はどう違うのか、イタリアの社会保障において家族の果たす役割は?などと考える際にこの本は欠かせない。情報は充実し、しかも専門家向けの難解な記述ではなく、イタリアに本格的な関心を持つ一般読者に開かれた本である。必要があって調べるのに便利だし、ところどころに散らばったコラムを拾い読むのもまた楽しいのだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メジアーノ判事のヴィデオ

Sil180x140
フィニンヴェストに不利な判決を出した裁判官の私生活がCanale 5 で放映された(10月17日、Corriere della Sera).

ライモンド・メジアーノ判事は、ミラノ民法裁判所の裁判官であるが、ベルルスコーニ一家の所有するFininvest に、デ・ベネデッティに7億5000万ユーロの賠償をするよう命じる判決を出した。

Canale 5 はこの裁判官の私生活を私生活を断りなく放送した。

全国司法官連盟は抗議している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

宗教の時間にイスラム教版も

20090211madrassa
経済発展副大臣のアドルフォ・ウルソは、宗教の時間にイスラム教版を作ることを提案した(10月17日、Corriere della Sera).

この提案はアゾロでの「移民に関する新たな政策」会議での提案である。これまで、宗教の時間は、カトリックに基づいたものであったが、移民に多いイスラム教徒の子供がゲット化することを避けるのが狙いである。

北部同盟のロベルト・カステッリは、考察に価しない案だとしりぞけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南部銀行できる

0krim47a180x140
南部向けの銀行が誕生する(10月16日、Corriere della Sera).

新銀行設立のための法案が固まった。まず500万ユーロが準備のために用意される。トレモンティ大臣によれば、この銀行は、小規模あるいは中規模の融資をする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

ローマのサロンの女王アンジョリッロ死す

Angio_114343140x180
40年にわたり、ローマのサロンに君臨したマリア・アンジョリッロが亡くなった(10月15日、Corriere della Sera).

彼女は、ローマの日刊紙 Il Tempo の創設者レナート・アンジョリッロの未亡人で、80数歳だった。彼女の家はスペイン広場の大階段のすぐ脇にあった。

彼女のサロンには、ジュリオ・アンドレオッティ、ランベルト・ディーニ、アントニオ・マッカニコ、ジャンフランコ・フィーニ、ピエルフェルディナンド・カジーニ、ジュリオ・トレモンティといった政治家、フェデリコ・フェッリーニ、ジュリエッタ・マシーニ夫妻、数々のジャーナリストが出入りした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

ドラーギ総裁:年金受給開始を遅らせよ

Draghi04g
イタリア銀行総裁のマリオ・ドラーギは、年金受給開始の平均年齢を上げるべきだとの見解を示した(10月14日、Corriere della Sera).

これに対し厚生大臣サッコーニの返答は、「これまでなされた改革で十分だ」というものだった。

ヨーロッパ諸国での年金受給開始年齢の平均は
       女性   男性
イタリア  57,2  58,4
ドイツ   59,9  61,6
スペイン  59,5  61,6
オランダ  59,3  60,5
スウェーデン63,3  63,9

となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

新聞を用いた教育、普及進む

Quotidiani
学校での日刊紙を利用した教育が普及している(10月13日、Corriere della Sera).

2009/10年度は、178万6538人の高校生が、新聞を教材として利用した。これは、高校生全体256万6462人の約70%に相当する。

新聞を高校の教育の教材に使用するプロジェクトは、2001年から始まって今年が10年目。参加した生徒は、2000・01年の9万7032人から、01.02年は19万8120人、翌年43万6176人という具合に増加し、2009・10年は178万6538人に達した。教員は4万4千人が参加している。

このプロジェクトは29の基金が補助しているが、基金は銀行系の基金である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

学校、ハイテク化進む

Computer_scuola イタリアの学校のPC化、ハイテク化が進んでいる(10月12日、Corriere della Sera).

PCは11人に1台をめざす。(ヨーロッパの平均は11,3人に1台)。

教室で定期的にコンピュータを使用する教員は72,4%。

インターアクティヴな黒板(LIM)は、2009/10年度に、2万台の中学・高校への導入が予定されている。

Lim20corso20basic20440x330

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

民主党、予備選始まる

Stor_16310456_17590 民主党のリーダーを決める予備選がはじまった(10月11日、Corriere de1lla Sera).

10月11日にローマで全国大会があり、10月16日には三人の候補者の間でディベートがかわされる。

10月25日には、予備選が実施される。

候補者は、ピエルルイジ・ベルサーニ(写真右)、ダリオ・フランチェスキーニ(写真中央)、イニャーツィオ・マリーノである。

ベルサーニは現在55,1%の得票率で、1951年、ピアチェンツァ県ベットラ生まれ、カトリックの労働者家庭の出身。

フランチェスキーニは、36,9%の得票率、1958年フェッラーラ生まれ。

マリーノは7,9%の得票率、1955年ジェノヴァ生まれの医師である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月の生産、7%増

O5u694
イタリアの8月の生産高が前月比7%増加した(10月10日、Corriere della Sera).

Istat の調査によると、8月の生産高が前月比で7%増加した。自動車は、8月の生産高は前年比で45,3%も上昇した。

Ocse によると、イタリアは景気回復の先頭に立っているという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

Lodo Alfano に違憲判決

Lapr_16918201_33010
Lodo Alfano に違憲判決が出た(10月8日、Corriere della Sera).

Lodo Alfano は、首相や大統領をふくむ国の高位在職者が在職中は起訴されないという裁定案であったが、憲法裁判所(Alta Corte)は憲法3条の法の前の平等に反するとして違憲判決をくだした。

ベルルスコーニ首相は、大統領を非難し、彼がどちらの側にいるかは分かっているとしたが、大統領府は、大統領は、憲法にのっとって公平にふるまっているとのコメントを出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

社会階層の停滞化

Asce180x140
社会階層が以前と比べて固定化してきている(10月7日、Corriere della Sera).

自分の出身家庭と現在を較べて、向上したか、ほぼ同じか、悪化したかを生まれた年代ごとに整理すると次のようになる。

1950年以前に生まれた人:
 向上した 41%
 ほぼ同じ 51%
 悪化した 8%
1950年代に生まれた人
 向上した 37%
 ほぼ同じ 54%
 悪化した 9%
1960年代に生まれた人
 向上した 25%
 ほぼ同じ 63%
 悪化した 12%
1970年代に生まれた人
 向上した 21%
 ほぼ同じ 66%
 悪化した 13%
1985−90年に生まれた人
 向上した 6%
 ほぼ同じ 74%
 悪化した 20%

また、両親と住む若者の比率は次のように変化してきている
1981年
20ー24歳 女55,2%
      男79,8%
25--29歳 女19,8%
      男39,9%
30--34 歳 女8,7%
      男15,5%

1993年
20ー24歳 女78,9%
      男90,9%
25ー29歳 女36,8%
      男60,5%
30ー34歳 女12,2%
      男24,9%

2006年
20ー24歳 女84,9%
      男91,6%
25ー29歳 女49,4%
      男68,5%
30ー34歳 女20,8%
      男41,1%
となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

コムーネの地図

Italia
コムーネ(市町村)に関する資料がAnci によって発表された(10月6日、Corriere della Sera).

人口は多いほうは
ローマ 272万4347
ミラノ 129万5705
ナポリ 96万3661
トリノ 90万8825
パレルモ 65万9433

少ない方は
ペデジーナ(ソンドリオ県)33人
モルテローネ(レッコ県)37人
メナローラ(ソンドリオ県)42人
モンチェニジオ(トリノ県)45人
ブリガ・アルタ      49人

独身者比率が高いのは
サッシノーロ(ベネヴェント県)59,7%
オルーネ(ヌオロ県)59,4%
ウルティモ(ボルツァーノ県)57,0%

少ないのは、
トッレジーナ  16,1%
サンジョルジョ・スカランピ(アスティ県)18,4%
リボルドーネ(トリノ県)18,9%
スキアーヴィ・ディ・アブルッツォ(キエーティ県)20,3%

離婚率が高いのは
ブレヴィオ(コモ県)16,6%
ベルギラーテ(ヴェルバーノークジオーオッソラ県)11,7%
コジオ・ダッロシャ(インペーリア県)10,0%
モンチェニジオ(トリノ県)8,9%
シャモワ(アオスタ県)7,8%

離婚者がいないのは
サンジュゼッペ・ヤト(パレルモ県)
モラノ・カラブロ(コセンツァ県)
コッレ・サンニータ(ベネヴェント県)
カルヴィ(ベネヴェント県)
ウルバーナ(パドヴァ県)

高齢化の進んだコムーネ(65歳以上の住民の比率)
マルチェテッリ(リエーティ県)66,6%
リボルドーネ(トリーノ県)64,9%
サンベネデット・イン・ペリッリス(ラクイラ県)61,6%
モンテベッロ・スル・サングロ(キエーティ県)61,1%
スキアーヴィ・ディ・アブルッツォ(キエーティ県)61,1%

若者の多いコムーネ(25歳以上の住民の比率)
ラウレーニョ (ボルツァーノ県)26,0%
メリト・ディ・ナポリ(ナポリ県)23,7%
オルタ・ディ・アテッラ(カゼルタ県)23,4%
カザルヌオーヴォ・ディ・ナポリ(ナポリ県)23,3%
プラ−ティ(ラグーザ県)23,2%

となっている。

また、8100人の市長のうち女性は827人、約10%である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

オリンピックにローマとヴェネツィアが立候補

Olimpiadi
2020年のオリンピック開催地の候補として、ローマとヴェネツィアが名乗りをあげた(10月4日、Corriere della Sera).

2016年の開催地がリオ・デ・ジャネイロに決まったばかりだが、イタリアでは早くも、2020年の候補地としてローマとヴェネツィアが名乗りをあげた。

ローマで開催されれば1960年以来のこととなる。ローマ市長アレマンノとヴァルター・ヴェルトローニは、この点では意見が一致している。

ヴェネツィアでは、農林大臣のルカ・ザイアが積極的な旗振り役を買ってでている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

ポルティコを自転車に許可するか

Portici ボローニャでポルティコを走ることを自転車に許可するかどうかで論争が起こっている(10月2日、Corriere della Sera).

市長フラヴィオ・デルボーノ(民主党)および市議会は自転車がポルティコ(アーケード)を通ることを許可する計画をたてている。

ボローニャのポルティコは43kmある。

もっとも許可するのは一部であるとしている。許可する理由は、自転車事故を減らすためである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

RAI、赤字

Cavallo
Raiは今年の赤字が確定的となった(10月1日、Corriere della Sera).

Rai と視聴契約を結んでいる人は、2009年で1667万6000人。そのうち、支払いをした人は1593万9000人。契約したのに、支払っていない人が73万7000人いる。

Raiが赤字なのに対し、Mediaset グループは黒字である。Raiの2007年の売り上げは、32億3250万ユーロ、2008年の売り上げは、32億1090万ユーロで微減なのに対し、Mediaset の売り上げは2007年が30億210万ユーロで、2008年は、32億7100万ユーロと増加している。

従業員数はRaiが多い。Raiは1万3236人に対し、Mediaset は5122人。内訳は、Raiは、役職が347人、ジャーナリストが2006人、幹部1362人、従業員8134人、労働者1236人、オーケストラと合唱団139人、医師12人となっている。Mediaset は役職が347人、ジャーナリスト378人、幹部819人、従業員3574人、労働者4人となっている。

Mediaset の売り上げがRaiを抜いたのは初めてのことである。

Rai の受信料は1938年に始まり71年の歴史がある。最初はテレビはまだなく、ラジオの受信料だった。この時の受信料は81リラだった。1954年テレビ開始時には1万2500リラとなった。2009年現在は、107,50ユーロである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

ベルリングェル、Tg3のディレクターに

Berlinguer01g
ビアンカ・ベルリングェルがTg3のディレクターになる(10月1日、Corriere della Sera).

イタリア国営放送局RAI3のテレビニュースTg3のディレクターにビアンカ・ベルリングェル(49歳)が就任する。前任者アントニオ・ディ・ベッラ(53歳)を引き継ぐ。ディ・ベッラは、2001年からこの職にあった。

ビアンカは、共産党書記長だったエンリーコの娘である。ビアンカには10歳の娘ジュリアと、パートナールイジ・マンコーニがいる。彼女は、25年前に Mixer でテレビに登場した。父親のことは公的場所では語らないことにしているという。彼女の母レティツィアは、カトリックで教会に通う信者であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

6歳になってもバギーに乗る子、増える

Passe_artv140x180
5歳、6歳になってもバギーにのる子が増えている(9月29日、Corriere della Sera).

とりわけミラノのように外勤の母親が多い都市でその傾向は顕著である。バギーは、子供と買い物を運ぶ道具となっている。(写真は、デンマーク製の自転車。ペダルをこぐ大人の他に子供二人と買い物を乗せられる)。

ミラノ・ビコッカ大の教授(小児科)イタロ・ファルネターニは、4輪のバギーは1歳から3歳児に勧めている。3歳から4歳はどちらでもよく、4歳からは止めるべきだとしている。

しかしある意味では、バギーは子供のためにというよりは母親の必要物となっているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

ミラノ検察局とグーグルの対立

Video180x140
ミラノの検察官とグーグルが対立している(9月28日、Corriere della Sera).

きっかけは、2006年にダウン症の男の子をいじめる様子をヴィデオにとり、それをネットで流した高校生による事件だった。グーグル側は、データの保管は1月までというが、検察は12ヶ月の保存を主張している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

ピオ12世、イタリアとドイツでテレビ・ドラマに

Pacelli11
ピオ12世の生涯が、イタリアとドイツでテレビ・ドラマ化される(9月27日、Corriere della Sera).

イタリアでは、Lux Vide が Rai で Sotto il cielo di Roma というタイトルで制作される。ナチス占領下のヴァティカンとユダヤ人がテーマであり、主役は、アメリカ人のジェイムズ・クロムウェルが演じる。

もう一方のテレビ・ドラマはドイツで準備中だが、主役は、イタリア人レーモ・ジローネが演じる。こちらは、教皇と修道女パスカリーナの関係を軸に描いている。

Lux Vide はアメリカ人クロムウェルを選んだ理由を外見が似ているからとしている。

パチェッリ教皇の在位は、1939年から1958年の間であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

自転車のエコインセンティヴ

Biciclette_01
自転車のエコインセンティヴは北部の利用者が多い(9月27日、Corriere della Sera).

自転車の購入者にインセンティヴを与える方針だが、この制度を利用する人は6万5000人と推計されている。内訳は、北部が70%、中部が15%、南部が10%、島嶼部が5%となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

マローニ:法律を適用しないのは犯罪

48627234edeb5_zoom
マローニ内相は、不法移民に関し、判事が治安に関する新法を適用しないのは違法だと主張した(9月26日、Corriere della Sera).

治安に関する一連の新法で、不法滞在者は帰国させられることになったが、判事の中には新法を適用しない人もいてマローニ内相の怒りをかっている。マローニは、受け入れがたい解釈だとしている。

一方、判事側は、憲法で法をどう解釈するかの自由は保証されているとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »