« 自転車のエコインセンティヴ | トップページ | ミラノ検察局とグーグルの対立 »

2009年10月 3日 (土)

ピオ12世、イタリアとドイツでテレビ・ドラマに

Pacelli11
ピオ12世の生涯が、イタリアとドイツでテレビ・ドラマ化される(9月27日、Corriere della Sera).

イタリアでは、Lux Vide が Rai で Sotto il cielo di Roma というタイトルで制作される。ナチス占領下のヴァティカンとユダヤ人がテーマであり、主役は、アメリカ人のジェイムズ・クロムウェルが演じる。

もう一方のテレビ・ドラマはドイツで準備中だが、主役は、イタリア人レーモ・ジローネが演じる。こちらは、教皇と修道女パスカリーナの関係を軸に描いている。

Lux Vide はアメリカ人クロムウェルを選んだ理由を外見が似ているからとしている。

パチェッリ教皇の在位は、1939年から1958年の間であった。

|

« 自転車のエコインセンティヴ | トップページ | ミラノ検察局とグーグルの対立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46385671

この記事へのトラックバック一覧です: ピオ12世、イタリアとドイツでテレビ・ドラマに:

« 自転車のエコインセンティヴ | トップページ | ミラノ検察局とグーグルの対立 »