« マルチェガリア:危機対策は労働組合とともに | トップページ | フィーニへの攻撃、与党内に嵐 »

2009年9月 9日 (水)

ベルルスコーニはオーウェルの登場人物のよう

Svberlusconi_wideweb__470x3120 ベルルスコーニ首相のマスコミ攻撃を、英米の新聞・雑誌が批判している(9月7日、la Repubblica).

アメリカのタイム誌は、「マスコミ王であるベルルスコーニがメディアの犠牲者だとの度重なる主張は、まるでジョージ・オーウェルの小説の登場人物のようだ。イタリアのテレビを所有し、90%に影響力を持っていることは、ベルルスコーニによるメディア支配を批判したスウェーデンの映画の宣伝がすべての主要テレビ網から拒絶されたことで、改めて証明された」。

またタイム誌は、首相とカトリック教会の間に、アヴェニール紙の編集長辞任問題で亀裂が入り、カトリック系の政治家はベルルスコーニを見捨てるのではないかとの見通しもしめした。

イギリスのジャーナリズムもベルルスコーニに批判的だが、サンデー・テレグラフ紙は、首相の弁護士で代議士でもあるニッコロ・ゲディーニが、ウニタ紙を訴えたことを取り上げている。さらに、サンデー・テレグラフ紙は、ウンベルト・エーコが言論の自由について論じる記事を掲載している。

エーコは、ファシズム時代の1931年にムッソリーニが1200人の大学教授にファシズムへの忠誠を誓わせたとき、拒絶したのはわずか12人だったことをあげている。

|

« マルチェガリア:危機対策は労働組合とともに | トップページ | フィーニへの攻撃、与党内に嵐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46153429

この記事へのトラックバック一覧です: ベルルスコーニはオーウェルの登場人物のよう:

« マルチェガリア:危機対策は労働組合とともに | トップページ | フィーニへの攻撃、与党内に嵐 »