« ヴェネツィア映画祭、トルナトーレの新作で開幕 | トップページ | ボッフォ辞任 »

2009年9月 6日 (日)

フィジケッラ、フェッラーリへ

Fisico ジャンカルロ・フィジケッラがフェッラーリのあらたなパイロットになる(9月4日、la Repubblica, America Oggi)

F1レースでフェリペ・マッサの事故後、フェッラーリはルカ・バドウェルを起用していたが、期待通りの成果が得られず、ジャンカルロ・フィジケッラをシーズン中ではあるが、Force Indiaから移籍させる。

フィジケッラは1973年1月14日、ローマ生まれで36歳。F1に参戦して16年になるがフェッラーリに乗ることはずっと彼の夢だった。

会長のモンテツェーモロは、フィジケッラを選んだ理由を、それにふさわしく、絶好調だからだ、と語った。

フィジケッラは、F1での戦歴は225回出場、優勝3回、ポールポジション4回、表彰台(3位以内)19回となっている。所属チームの経歴は、ミナルディに始まり、ジョーダン、ベネトン、ジョーダン、ザウバー、ルノー、フォース・インディアである。

フィジケッラのほかに、Bmwのクビサやアロンソも候補にあがっていたが、最終的にフィジケッラに決まった。

イタリア人パイロットはエンツォにはじまって、1960年代カステッロッティ、ムッソ、バンディーニら死亡事故が続いた。これまでフェッラーリで、イタリア人パイロットで唯一年間優勝したのは、アルベルト・アスカリだ。ファンの間では、すでに「フィジコ」(フィジケッラの愛称)の合唱が始まっている。

|

« ヴェネツィア映画祭、トルナトーレの新作で開幕 | トップページ | ボッフォ辞任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46130601

この記事へのトラックバック一覧です: フィジケッラ、フェッラーリへ:

« ヴェネツィア映画祭、トルナトーレの新作で開幕 | トップページ | ボッフォ辞任 »