« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

Ior 頭取、交代

Caloia01g
ヴァティカンの銀行 Ior の頭取が交代した(9月24日、Corriere della Sera).

Ior (L'istituto per le Opere di Religione) は1942年に教皇ピオ12世によって創立されたヴァティカンの銀行である。2008年時点で資産は50億ユーロ。

9月23日からこれまで20年にわたり頭取をつとめてきたアンジェロ・カロイア(写真)に替わって、エットレ・ゴッティ・テデスキが新頭取に就任した。カロイアは70歳で、1989年に頭取になり、任期を一年あまり残して、国務長官の意向で早期退職した。

新頭取のエットレ・ゴッティ・テデスキは、ミラノ・カトリック大学やトリノ大学の教授をつとめた人で64歳。オプス・デイの信者である。これまでは毎日5時40分の電車でピアチェンツァからミラノのサンタンデル銀行のイタリア事務所に通っていた。彼はそこに到着すると新聞を読み、8時にはミサに行くカトリチッシモ(カットリコの最上級)な人である。5人の子供と1人の妻がいる。

Ior は1982年には、アンブロージョ銀行をめぐる謎に満ちた事件に深い関わりを持っていた。当時は Ior を率いていたのは、ポール・マルチンクス大司教だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

所得申告、20万ユーロ以上は1000人に2人

Agen180x140
年収が20万ユーロ以上と申告した人は、1000人に2人しかいなかった(9月20日、Corriere della Sera).

こうした「裕福な」人々の大半は、サラリーマンであることが判明した。

2007年に収入を申告した人は、4106万6588人いたが、そのうち20万ユーロ以上の収入であると申告した人は7万5689人にすぎなかった。そのうちわけは、サラリーマンが4万3006人、年金生活者が1万8811人、自由業(建築家、公証人、弁護士、会計士)が2万61人、自営業が6253人であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

スカラ座の〚オルフェオ〛

Lorfeo_dett_int スカラ座でモンテヴェルディのチクルスが始まった(9月21日、Corriere della Sera).

チクルスの最初は、『オルフェオ』。注目を集めているのは、演出のロバート(ボブ)・ウィルソン。指揮はリナルド・アレッサンドリーニ。

これまでスカラ座での『オルフェオ』上演は多くない。1930年代のミリヌッツィ、50年代のヴォット、78年のアーノンクールだが、アーノンクールの場合は、演奏者をチューリッヒから連れてきていた。

今回、タイトルロールを歌うのはGeorg Nigl。最近、ベルクの『ヴォツェック』も歌っていた人である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

オンライン大学

Universitonline180x140 オンラインの大学で学ぶ人は1万4000人に達している(9月19日、Corriere della Sera).

オンラインの大学自体は、2003年に当時のレティツィア・モラッティ教育相のもとで発足した。

現在は11の大学がオンラインで活動している。

2004・2005年には、学生数は1529人にすぎなかった。今日、学生数は、1万3891人へと増加している。

オンラインの大学の卒業生は2216人いるが、そのうち35歳以上が1817人。30歳から34歳が265人となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

拡がるNPO

No_profit NPOの世界は拡大しつつあり、企業数は16万7000に達している(9月17日、Corriere della Sera).

今や、NPOは国内総生産(Pil)の3,82%、雇用の6%をしめている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

カブールで自爆テロ、イタリア兵6名死亡

20
カブールで自爆テロがあり、イタリア兵6名が死亡した(9月18日、Corriere della Sera).

この爆破事件に関し、アルカイダは声明を出し、犯行を確認している。

イタリアは、アフガニスタンに2800人の兵隊を派遣し、これまでに21人が死亡している。

今回の事件は、二台の装甲車が、カブールの大使館地区を走行中、スピードを緩めたところへ、白いトヨタ車が爆弾をつんでやってきて、突然爆破した。イタリア兵6名とアフガニスタン人15名が亡くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

アブルッツォ、家の引き渡しはじまる

Ricostruzione アブルッツォの地震の被災者に対する新居の引き渡しが始まった(9月16日、Corriere della Sera).

しかしながら、いまだに、1万1108人の人はテント暮らしが続いている。

現在は、ホテル暮らしの人が1万5551人、個人の住居に住む人が9376人となっている。

仮設住宅は、2世帯住宅(セミディタッチト)やアパートになっており、3タイプあって、40、50、70平米となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

フィアットのムルティ・エア

Fiat_multiair_engine_systemthumb450 フィアットは、新開発のムルティ・エアをプント・エヴォおよびアルファ・ロメオのMiToに積載する(9月7日、Corriere della Sera).

9月15日から27日開催されるフランクフルトでのモーターショーで披露する。

Multiair は、コペルニクス的革命的な技術ではないが、伝統的なガソリンやディーゼルエンジンの命脈を長らえさせるものと考えられている。

フィアットはメーカーとして、1キロあたりのCO2排出量が137,3gでヨーロッパで販売されているメーカーとしてもっとも良い成績をおさめている。2位はプジョーの141,9g、3位はシトローエンの142,2gである。

2008年もフィアットは133,7g/km で首位の座を保った。今回導入されるMultiair は、オルバッサーノ研究センター(所長リナルド・リノルフィ)で、マリオ・リッコ、コスタンティーノ・ヴァフィディス、エツィオ・ヴォルピ、ルーチョ・ベルナルド、ダミアーノ・ミチェーリのチームで開発された。

ムルティ・エアは、燃焼のためシリンダーに送り込む空気の量を油圧電子制御でコントロールするもので、それによって従来のスロットル・バルブをなくすことができる。

研究センターのテストによれば、燃費と排気ガスの向上のほか、馬力が10%増し、低域でのトルクが15%増す。

今回実装するのは、1400CCで16v(ヴァルヴ)のもの。105馬力、135馬力、170馬力のもので、5速と6速のものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

すぐれたコムーネ

Comuni_virtuosi 環境にすぐれた施策をこうじているコムーネ(市町村)を顕彰する催しが三年目を迎えた(9月8日、Corriere della Sera).

すぐれたコムーネの例としては、ゴミの分別収集が85%に達したカパンノーリ(ルッカ県)、省エネで4318トンのCO2を削減したパドヴァなどがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

虐待される女性

Rosa180x140 イタリアでは、約700万人の女性が肉体的あるいは性的暴力の犠牲者になっている(9月9日、Corriere della Sera).

この数字は、男女機会均等省の推計である。また、イタリアの女性で、パートナーまたは元パートナーから肉体的あるいは性的暴力を被った人は、293万8000人。

こうむった暴力の種類としては、

56,7%が押されたり、引っ張られたり、捕まれたり、腕をひねられたり、髪をひっぱられたりした。

52%は、ぶつぞと脅された。

36,1%は、蹴ったり、殴られたり、かまれたりした。

8,1%は、ピストルやナイフを使うと脅された。

5,3%は、首を絞めようとされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

外国籍の生徒増える

Mc401f
外国籍の生徒が増加している(9月11日、Corriere della Sera).

イタリアの学校で、外国人の生徒は、2006/07年度は、50万1445人で全体の5,6%だったが、2007/08年度は、57万4133人で全体の6,4%へと増加した。

最も外国人生徒が多い地域は、北東部で2006/07年度は9,3%で、2007/08年度は10,3%となった。最も外国人生徒の多い州は、エミリア・ロマーニャ州で2006/07年度は10,7%だったが、2007/08年度は11,8%となった。

もっとも外国人生徒が多い県はマントヴァ県で、2006/07年度は14,0%だったが、2007/08年度は15,4%となっている。

イタリア人でない生徒のいる学校は、2006/07年度は全体の67,1%だったが、2007/08年度は71,3%となっている。

最も多い出身国は、2006/07年度は、アルバニアで15,6%だったが、2007/08年度は、ルーマニアで16,2%となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

中高年の別居増える

Separazione イタリアで中高年の別居が増えている(9月15日、Corriere della Sera).

2007年では、別居した8万1359件のうち、60歳以上の男性は6753人で、8,3%をしめている。2000年には、別居件数は7万1969件で、60歳以上の男性は4230人で5,9%だった。つまり、7年間で、2,4ポイント増加しているのである。

女性の場合、2000年には60歳以上の女性の比率は2545人で3,5%であったが、2007年には4353人で5,3%となっている。1,8ポイントの増加である。

この統計をまとめたISTATのアンナマリア・ウルバーノによると、平均寿命が延びたことも一因であるし、結婚の平均年齢が上昇していることは、別居および離婚の平均年齢が上がる原因となっているが、より大きな満足を求めるライフスタイルもその一因となっているという。

社会的な抑制の弱体化、子供や親族の反対が減ったこと、宗教的伝統の弱体化などが社会的要因としてあげられている。

また、医師はヴァイアグラなどの薬品の影響が男性にはあるとしている。女性の場合、経済的な自立性が高まったことが一つの要因としてあげられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

移民をめぐり、フィー二とボッシ対立

Fini_bossi
移民問題をめぐり、下院議長のフィーニと北部同盟のボッシが対立している(9月13日、la Repubblica).

与党内での激しい衝突が生じている。北部同盟のリーダー、ボッシは、下院議長フィー二が移民に対して地方選挙での選挙権を与えるべきであるという発言に対し激しく反発し、移民に関して北部同盟の方針が受け入れられないのであれば、早めの選挙もありうるとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

タランティーニ:俺のことを知らないというやつは間違っている

Inchiest180x140

ジャンパオロ・タランティーニは、彼のことを知らないとか思い出せないと言っているやつは、間違っていると言い放った(9月11日、Corriere.it).

タランティーニは、バーリの実業家で、プーリア州の保健事業の収賄事件の鍵を握る人物とされているが、彼は、民主党の重鎮ダレーマやバリの市長エミリアーノと食事をともにしたとしている。

これに対しダレーマは、タランティーニと関係を持ったことはない、そうでないというなら、いつ、どこでかを明らかにするべきだと反駁している。

タランティーニは、事件に関し、殺人に関わった人物の名をあげたことで、命の危険を感じると検察に訴えている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月13日 (日)

レスビアンの妻のメールを盗み見るのは合法

Mail同性愛者の妻のメールを盗み見るのは合法との判決が出された(9月9日、Corriere.it).

自分の妻の電子メールや手紙を盗み見、コピーし、教会婚が無効であると教皇庁控訴院(Sacra Rota)に訴え出ることは合法で、プライバシーの侵害にはあたらないとの判決がミラノの裁判所で出された。

男性は、1993年から2003年にわたる妻と別の女性との電子メールおよび手紙のコピーを証拠として、法的手続きに臨んだ。この夫婦は、性的な関係を成就していない。また、結婚前の関係もない。メールや手紙のコピーを勝手につくって教会法裁判所に臨むことが合法かどうかが問われたが、ミラノ裁判所は、宗教的自由を理由に、合法と判断した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

ベルルスコーニとフィーニに火花散る

Berlusconifini ベルルスコーニ首相とフィーニ下院議長の間に火花が散っている(9月9日、la Repubblica).

先日、ベルルスコーニ家が所有する新聞イル・ジョルナーレ紙の編集長フェルトリがフィーニを攻撃したが、ベルルスコーニは、一方的に、自分とフィーニとの間はすべて順調だとのコメントを発した。

それに対し、フィーニは、「順調ではなく、政治的問題が残っている。ベルルスコーニがそれを否定するのは逆説的だ」と反駁した。

またベルルスコーニ首相は、新聞等が「自分を独裁者だと非難するが、独裁者は通常、新聞を検閲したり、廃刊にしたりするものだ。わが国では反対に、報道の自由が、煙にまいたり、中傷したり、侮辱する自由になってしまっている」とメディア攻撃を進めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

マイク・ボンジョルノ、死去

Mikebongiorno テレビ番組司会者のマイク・ボンジョルノが亡くなった。85歳だった(9月9日、la Repubblica).

モンテカルロのホテルで倒れ、医師がかけつけたが手遅れだった。

マイク・ボンジョルノは、1924年5月26日ニューヨーク生まれ。本名のフルネームは、Michael Nicholas Salvatore Bongiorno.

中学・高校は、母の故郷トリノで通う。第二次大戦中はパルチザンとなり、逮捕され、ミラノのサン・ヴィットーレ、ついで、ボルツァーノに移送された。

1946年アメリカに戻り、ジャーナリストをはじめ、日刊紙 'Progreso Italoamericano' のラジオ局で働く。

1953年イタリアに戻り、移民のことを調べるが、Rai のVittorio Veltroni にスカウトされる。

1954年イタリアのテレビにデビュー。

1961年にはウンベルト・エーコが「マイク・ボンジョルノの現象学」を著している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

フィーニへの攻撃、与党内に嵐

Fini01g イル・ジョルナーレ紙のフェルトリは今度は、下院議長フィーニに攻撃をしかけた(9月8日、la Repubblica).

イル・ジョルナーレ紙は、ベルルスコーニ家所有の新聞である。

また北部同盟のボッシは、フィーニが外国人にも地方選挙の選挙権を認めるべきとの発言をしたことに関し、「やつは、頭がおかしい」(Chel lì l'é matt, 標準イタリア語では、Quello lì è matto)と言い放った。

フィーニは首相に対し怒りをぶつけ、「脅しと感じるが、わたしは自分の道を行く」と表明した。

一方、ベルルスコーニは、報道の自由(Libertà di stampa) が危機などというのは、笑止千万だ。そんなのは、少数はのコムニスタやカットコムニスタ(cattocomunista, カトリックでかつ共産主義者)と、その新聞が言うことだが、残念なことに新聞の90%なんだ、と語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

ベルルスコーニはオーウェルの登場人物のよう

Svberlusconi_wideweb__470x3120 ベルルスコーニ首相のマスコミ攻撃を、英米の新聞・雑誌が批判している(9月7日、la Repubblica).

アメリカのタイム誌は、「マスコミ王であるベルルスコーニがメディアの犠牲者だとの度重なる主張は、まるでジョージ・オーウェルの小説の登場人物のようだ。イタリアのテレビを所有し、90%に影響力を持っていることは、ベルルスコーニによるメディア支配を批判したスウェーデンの映画の宣伝がすべての主要テレビ網から拒絶されたことで、改めて証明された」。

またタイム誌は、首相とカトリック教会の間に、アヴェニール紙の編集長辞任問題で亀裂が入り、カトリック系の政治家はベルルスコーニを見捨てるのではないかとの見通しもしめした。

イギリスのジャーナリズムもベルルスコーニに批判的だが、サンデー・テレグラフ紙は、首相の弁護士で代議士でもあるニッコロ・ゲディーニが、ウニタ紙を訴えたことを取り上げている。さらに、サンデー・テレグラフ紙は、ウンベルト・エーコが言論の自由について論じる記事を掲載している。

エーコは、ファシズム時代の1931年にムッソリーニが1200人の大学教授にファシズムへの忠誠を誓わせたとき、拒絶したのはわずか12人だったことをあげている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

マルチェガリア:危機対策は労働組合とともに

Epifani180x140 イタリア産業総連盟(Confindustria)の会長エンマ・マルチェガリアは、労働組合Cgil の書記長グリエルモ・エピファーニと会食し、危機対策で協力するよう呼びかけた(9月6日、Corriere.it).

マルチェガリアは、このような危機には、企業者側と労働者側の違いよりも、互いを結びつけるものが優先されるべきとの認識を示した。

それに対し、エピファーニ書記長は、危機に際しては団結が必要であることを認めつつも、われわれは言葉だけに基づくことはできず、事実が必要だとし、Confindustria はCgilの批判、意見を知っているはずなので、交渉にのぞむときは、それを考慮してもらいたい、と語った。

また、マルチェガリアは、失業者数に関し、セイフティ・ネットをもって介入する必要はあるが、パニックに陥ることはないとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

ボッフォ辞任

Boffo アヴェニール紙の編集長ディーノ・ボッフォが辞任した(9月4日、la Repubblica).

辞任に際して、フェルトリのイル・ジョルナーレ紙を非難した。「私および私の家族の生活が侵害された」。

イタリア司教会議はすぐに、ボッフォに連帯を示し、ボッフォは言語道断の攻撃の対象となった、としている。

またニューヨークタイムズ紙は、「ボッフォは最新のベルルスコーニの犠牲者だ」と報じた。

この間、ヴァティカンは沈黙を保っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

フィジケッラ、フェッラーリへ

Fisico ジャンカルロ・フィジケッラがフェッラーリのあらたなパイロットになる(9月4日、la Repubblica, America Oggi)

F1レースでフェリペ・マッサの事故後、フェッラーリはルカ・バドウェルを起用していたが、期待通りの成果が得られず、ジャンカルロ・フィジケッラをシーズン中ではあるが、Force Indiaから移籍させる。

フィジケッラは1973年1月14日、ローマ生まれで36歳。F1に参戦して16年になるがフェッラーリに乗ることはずっと彼の夢だった。

会長のモンテツェーモロは、フィジケッラを選んだ理由を、それにふさわしく、絶好調だからだ、と語った。

フィジケッラは、F1での戦歴は225回出場、優勝3回、ポールポジション4回、表彰台(3位以内)19回となっている。所属チームの経歴は、ミナルディに始まり、ジョーダン、ベネトン、ジョーダン、ザウバー、ルノー、フォース・インディアである。

フィジケッラのほかに、Bmwのクビサやアロンソも候補にあがっていたが、最終的にフィジケッラに決まった。

イタリア人パイロットはエンツォにはじまって、1960年代カステッロッティ、ムッソ、バンディーニら死亡事故が続いた。これまでフェッラーリで、イタリア人パイロットで唯一年間優勝したのは、アルベルト・アスカリだ。ファンの間では、すでに「フィジコ」(フィジケッラの愛称)の合唱が始まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

ヴェネツィア映画祭、トルナトーレの新作で開幕

Baaria_5_tornatore ヴェネツィア映画祭がトルナトーレ監督の新作 Baarìa で幕を開けた(9月3日、la Repubblica).

この作品は大作で、イタリア映画としては予算も巨額で公式には2500万ユーロ、一説には3500万ユーロを投じたと言われている。

登場人物は210人おり、そのうちプロの俳優が63人、素人が147人である。

シチリアのBagheria という町が舞台となっているトルナトーレの自伝的映画。自伝というよりは、トルナトーレの父がモデルとなっている。トルナトーレの父は共産党員で、監督は、イタリアにおける共産党はソ連とは異なり、すべての人が貧困から抜け出し、他者を愛するという理想をめざしていたという。

現在は、共産党は名前が何度か変わり、民主党になっているが、有権者に将来像を提示しかねているとトルナトーレは考えている。つまり、人々の必要とすることとの結びつきを見出せなくなっているのだ。

映画は、監督のこだわりにより、シチリア方言版と、英語版が制作された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

ヴァティカン:フェルトリは混乱を招いている

Feltrone_b1 ヴァティカンのスポークスマンは、イル・ジョルナーレ紙の編集長フェルトリ(写真)が混乱を助長しているとして非難した(9月2日、Corriere it.)

イタリア司教会議の新聞アヴェニール紙の編集長がストーカー的行為をしていたとする記事を、イルジョルナーレが掲載したことがきっかけであるが、編集長フェルトリはひるむことなく、ヴァティカンとの対決姿勢をとりつづけている。

一方、ヴァティカンのスポークスマン、フェデリーコ・ロンバルディ神父は、フェルトリがにせの情報で、混乱を助長していると非難した。

下院議長フィーニは、これ以上の議論をやめるべきだとしている。

また、問題の女性は、この問題は過去の事件であり、自分のプライヴァシーが侵害されたとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

新型インフルエンザのピークはクリスマス頃

Inf_a 保健相副大臣ファツィオは、イタリアでの新型インフルエンザ(Influenza A)の流行のピークはクリスマス前後との見通しを明らかにした(9月2日、Corriere.it)。

フェッルッチョ・ファツィオ副大臣は、ヴィールスの広がりは、予想よりも一カ月遅く、流行のピークは12月18日から翌1月18日にかけてで、この間、150万人から300万人が罹患するだろうとの見通しを語った。

またワクチンに関しては11月15日あるいはそれ以前に準備が整う予定である。さらに、学校を一斉休校にすることは考えておらず、地域的に一校単位で休校にすることはありうるとしている。休校にするのは、30人以上が同時に病気にかかった場合としている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 1日 (火)

リビア:緑の煙だけで

0kpaejhq180x140 イタリアの空軍がトリポリでアクロバット飛行をするに際して、リビア側は緑色の煙だけを使用するよう要求し、イタリア側と対立している(9月1日、Corriere.it)

リビアの革命40周年を記念した式典にイタリア空軍がアクロバティック飛行で三色旗の赤白緑の模様を描く予定であったが、リビア側は、リビアの国旗の色でありイスラムの色である緑のみを使用するよう主張して、イタリア側と対立している。

ベルルスコーニ首相は、日曜の夜にリビアから帰国しており、式典には出席しない。他のヨーロッパの首脳も出席しない。イギリスのロッカビー爆弾テロ犯が人道的配慮から釈放されたことの是非の議論もあり、距離を置きたいようだ。

ベルルスコーニ首相は、今回の訪問で高速道路(エジプトとチュニジアを結ぶ1700キロ)建設(イタリアの会社が請け負う)を決めたことを、素晴らしい成果だとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »