« フィーニ、移民問題で説諭 | トップページ | バニャスコ、ボッフォを擁護 »

2009年8月28日 (金)

ドラーギ総裁:2010年から景気回復ありうる

Draghi_a1 イタリア銀行のマリオ・ドラーギ総裁は、2010年からイタリア経済の回復がありうるとの見解を示した(8月26日、Corriere.it).

リミニでのCommunione e Liberta (CL) での集会でのことだ。ドラーギ総裁は、最悪期は過ぎた。イタリアの2009年の国内総生産は、前年比5%の落ち込みになるだろう。しかし、2010年からは、世界的な需要の回復をうけて、イタリア経済も回復する可能性があるとの見込みを示した。

しかし、その一方で、生き残りがむずかしい企業も少なからずあるとの見解も同時に示した。

|

« フィーニ、移民問題で説諭 | トップページ | バニャスコ、ボッフォを擁護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46040872

この記事へのトラックバック一覧です: ドラーギ総裁:2010年から景気回復ありうる:

« フィーニ、移民問題で説諭 | トップページ | バニャスコ、ボッフォを擁護 »