« 57%のクレジットカードが休眠中 | トップページ | チヴェッタ、パリオを制す »

2009年8月17日 (月)

ユーロ圏、物価0,7%下落

Euribor_giu773348 ユーロ圏の物価が0,7%下落した(8月15日、Corriere della Sera).

これは統一通貨ユーロ発足以来初の事態である。

一年前は、インフレ率は4%前後であった。

今年の7月の消費者物価は0,7%下降したのである。イタリアでの下降は0,1%だった。

EUのスポークスマンによると、物価下落の原因は、エネルギー価格、とくに原油価格の下落と、食料品一般の価格下落によるものだという。家計にとっては朗報であるが、同時に、経済の停滞と消費の落ち込みを示してもいる。

EU諸国のインフレ率は次のとおり(イギリスを除き、2009年7月)。
ベルギー  -1,7%
ルクセンブルグ -1,5%
スペイン   -1,4%
ポルトガル  -1,4%
フランス   -0,8%
キプロス   -0,8%
ドイツ     -0,7%
イタリア    -、0,1%
オランダ   -、0,1%
イギリス   +1,8(2009年6月)

|

« 57%のクレジットカードが休眠中 | トップページ | チヴェッタ、パリオを制す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45944155

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ圏、物価0,7%下落:

« 57%のクレジットカードが休眠中 | トップページ | チヴェッタ、パリオを制す »