« 別居、離婚者には別のミサ | トップページ | ドラーギ総裁:2010年から景気回復ありうる »

2009年8月27日 (木)

フィーニ、移民問題で説諭

Fini140x180 下院議長のジャンフランコ・フィーニは、ジェノヴァでの民主党の党大会で挨拶し、移民問題に関して説諭した(8月26日、Corriere.it).

フィーニによれば、移民問題をイタリア市民の治安問題の観点だけから捉えるのは、近視眼的で間違っているという。

また、北部同盟は、新聞によれば、そうした極端な方向に走りがちで、Pdlは、移民問題に関し、北部同盟のコピーのような政策を打ち出すべきではないとしている。

|

« 別居、離婚者には別のミサ | トップページ | ドラーギ総裁:2010年から景気回復ありうる »

コメント

いつも興味深く拝読させていただいております。
政治に全く疎い人間からの質問をお許しください。

ジャンフランコ・フィーニ氏は、PDLに所属する政治家で、
PDLは、政治的立場が民主党の反対に位置する政党ですよね?
それなのに、民主党の大会に参加(もしくは発言だけ?)したのですか?

(日本で言えば)自民党の政治家が、民主党の大会に参加するようなもの。
と考えると、どうも、違和感があります。
(私が知らないだけでしょうか?)

イタリアでは、特に変なことではないのでしょうか?
それとも、G・フィーニ氏の下院議長というポストなら、ありうることなのでしょうか?

投稿: marinara | 2009年8月27日 (木) 10時58分

marinara さん

そうですね。僕もよくわかっていませんが、おぼろげな記憶では、代表的な立場の政治家は時々、反対的な立場の政治集会に出ることがあったと思います。これは労働組合の代表と、経済団体の代表でもそういうことがあったと思います。

フィーニの場合、下院議長であると同時に、Pdlに関しては、創設者の一人でもあるわけですね。Pdlはベルルスコーニのフォルツァ・イタリアとフィーニの国民同盟が一緒になった出来たわけですから。

投稿: panterino | 2009年8月29日 (土) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/46040818

この記事へのトラックバック一覧です: フィーニ、移民問題で説諭:

« 別居、離婚者には別のミサ | トップページ | ドラーギ総裁:2010年から景気回復ありうる »