« UTET 方向転換 | トップページ | マンゾーニのもう一面 »

2009年7月12日 (日)

ヴィアレッジョの事故車とGATX

Gatx_logo
ヴィアレッジョで脱線・転覆・炎上事故を起こした貨物列車は、アメリカの多国籍企業GATXのリース車両だった(7月2日、Corriere della Sera).

GATX はシカゴに本部のある多国籍企業。リースや鉄道、港湾、航空関連作業のファイナンスを専門としている。

ヨーロッパには三つの支社があり、ヴィーンとハンブルク、ワルシャワにある。車両のリース、特に液体輸送車両を専門とし、マーケットの22%のシェアを占めている。

GATXはアメリカで1898年に生まれた。その時から、鉄道用の車両の貸し出しをしていた。

|

« UTET 方向転換 | トップページ | マンゾーニのもう一面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45604325

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィアレッジョの事故車とGATX:

« UTET 方向転換 | トップページ | マンゾーニのもう一面 »