« ミラノ市、16歳以下にアルコール禁止 | トップページ | 新型インフルエンザ、秋に流行か »

2009年7月26日 (日)

教皇、手首を骨折

Papa 教皇べネデット16世が転倒し、手首を骨折した(7月18日、Corriere della Sera).

ヴァッレ・ダオスタのLe Combesの山荘 に滞在中、寝室で転び、手首を骨折した。

地元の病院で手術をうけ、ギプスをしている。

病院には当初「患者917」として運ばれたが、すぐに情報は伝わった。

教皇は、病院の業務が混乱することを懸念し、他の患者と同じように扱うことを求めた。そのため、レントゲン撮影の際も、他の患者と同様、順番を待った。

右手首の橈骨(とうこつ)に骨折のあることが判り、部分麻酔をして、約25分の手術をした。骨折部分に2本の金属線をいれた。約1カ月後に、この金属線は、外に付けたガラス繊維強化樹脂のギプスとともにはずす予定。

そのため、一か月は、教皇は執筆やピアノを弾くことができない。

病院を出る際には、教皇は看護師ら一人一人にお礼を述べた。

|

« ミラノ市、16歳以下にアルコール禁止 | トップページ | 新型インフルエンザ、秋に流行か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45742049

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇、手首を骨折:

« ミラノ市、16歳以下にアルコール禁止 | トップページ | 新型インフルエンザ、秋に流行か »