« 地方選の結果 | トップページ | リチェオの改革 »

2009年6月20日 (土)

ラーポ・エルカン、ユダヤ教に改宗

3_lapoelkann_nuovefelpe2_2
アニェッリ家の御曹司ラーポ・エルカンがユダヤ教徒に改宗する(6月12日、Corriere della Sera).

ラーポ・エルカンは、フィアットの会長だったジョヴァンニ・アニェッリの孫。ジョヴァンニ・アニェッリの娘マルゲリータの息子である。父エルカンはユダヤ教徒であったが、ユダヤ教は母方から受け継ぐので、彼の場合、カトリックとして育った。

しかしラーポは31歳になった今、イスラエルに行き、ラビの指導をうけて、ユダヤ教徒に改宗しようとしている。ユダヤ教のほうが落ち着くのだという。ユダヤ教はコミュニティーによる祈りがあり、祈りは祝福なのだとしている。

彼はすでにシモン・ペレスと会っているが、彼の書斎には仏像があったという。ラーポも、改宗しても、仏教徒を尊重するし、子供が出来たら、子供がどの宗教を選ぶかの自由を尊重したいと言っている。

|

« 地方選の結果 | トップページ | リチェオの改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45391712

この記事へのトラックバック一覧です: ラーポ・エルカン、ユダヤ教に改宗:

« 地方選の結果 | トップページ | リチェオの改革 »