« リチェオの改革 | トップページ | ウンガレッティとマラパルテは同時期に戦線にいた »

2009年6月21日 (日)

ファシスト系パトロール隊に捜査

Msi01
ファシズモのシンボルマークを制服にもちいたパトロール隊への捜査が開始された(6月15日、Corriere della Sera)

治安の悪化に対応して、イタリア各地で地元民によるパトロール隊が結成されている。ヴィチェンツァでは《Veneto Sicuro》というパトロール隊、ローマには女性による《rosa》という右派の結成したパトロール隊がある。ジェノヴァでは、北部同盟がパトロール隊を補助している。ボローニャには、《Angeli alle fermate 》というパトロール隊がある。

今回、問題となっているのは、Partito nazionalista italiano という党が組織するパトロール隊で、1952年に制定されたシェルバ法に違反している疑いがもたれている。

シェルバ法は、ファシスタ党を再建することを禁じた法律である。

ガエターノ・サヤ率いるこのパトロール隊の服装は、黒い腕章をつけ、ローマ帝国の鷲の紋章をつけている。

|

« リチェオの改革 | トップページ | ウンガレッティとマラパルテは同時期に戦線にいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45399284

この記事へのトラックバック一覧です: ファシスト系パトロール隊に捜査:

« リチェオの改革 | トップページ | ウンガレッティとマラパルテは同時期に戦線にいた »