« カトリックの離婚者:あらたな規則が必要か? | トップページ | 検察、サルデーニャでの首相の写真を押収 »

2009年6月 4日 (木)

母の姓も

Versac140x180
子供の姓に、母親の姓も使用することが議論されている(5月28日、Corriere della Sera).

下院の法務委員会委員長のジュリア・ボンジョルノによると、イタリアには、子供の姓を父親の姓にするという法律はないが、習慣上そうなっているのだという。

議論は、数年前から始まっており、EUの性による差別の禁止をうけて、議論が進んでいる。

二重の姓の使用を導入しようという議論が進んでいるが、その場合でも、二人の姓のうちどちらの姓、あるいは両方の姓を用いるのかを両親が決められる(ガラヴィーニ議員、Pdl)という意見と、両方の姓の使用を義務づけるという案(Brugger 議員、Svp) などがある。

委員長のボンジョルノは、法律で二重姓を義務づけ、その順番は両親が決めるという「強硬」案を主張している。両親の意見が合わない場合は、アルファベット順にする。

委員の間で合意できているのは、両親の姓の順序を最初の子供で決めたら、その弟、妹は同じ順序を保つということである。

|

« カトリックの離婚者:あらたな規則が必要か? | トップページ | 検察、サルデーニャでの首相の写真を押収 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45236605

この記事へのトラックバック一覧です: 母の姓も:

« カトリックの離婚者:あらたな規則が必要か? | トップページ | 検察、サルデーニャでの首相の写真を押収 »