« 国民投票、低投票率 | トップページ | 7月1日から指数95がスタート »

2009年6月30日 (火)

老齢年金の申請者減る

Inps1
年金制度の改革があって、今年は老齢年金の申請者が急減している(6月21日、Corriere della Sera).

昨年の同時期と較べると、67、3%も減少しているのだ。2008年の1−5月の老齢年金申請者は、13万2343人だが、今年は、4万3247人である。

制度改革の影響と、経済危機のせいで新たな仕事につくことが困難になっているためと考えられている。制度改革で年金を受け取れる年齢が延びた人もいるのである。

しかし例外があって、それは女性教員である。EUからの要請に基づいて老齢年金の受給開始が65歳に引き上げられる前に駆け込み申請してしまおうという人が見られる。去年よりも、64%も増加しているのである。

また、障害者年金を不正に受け取っていたものの取り消しが今年の1−5月で6、7000人にのぼっている。

|

« 国民投票、低投票率 | トップページ | 7月1日から指数95がスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45494424

この記事へのトラックバック一覧です: 老齢年金の申請者減る:

« 国民投票、低投票率 | トップページ | 7月1日から指数95がスタート »