« 移民対策で、国連と不和 | トップページ | 《プッチーニと娘》 »

2009年5月17日 (日)

《ミケランジェロのまなざし》

Mose1
映画《ミケランジェロのまなざし》(ミケランジェロ・アントニオーニ監督)を見た(有楽町・朝日ホール)。

監督自身(アントニオーニ)が、サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリというカヴール通りからちょっとはずれ所にある教会に入ってくる。このバジリカには、教皇ジュリオ(ユリウス)2世の墓所があり、そこにミケランジェロのモーゼ像があるのだ。

カメラは、バジリカ、墓所、そしてモーゼ像を様々な角度から写していくが、解説やナレーション、台詞は無い。

アントニオーニの視線(それは現実の視線とは限らず、この角度からも見てみたいという欲望の視線も含まれているだろう)と思われるショットから構成されている。

|

« 移民対策で、国連と不和 | トップページ | 《プッチーニと娘》 »

コメント

これほど力強い作品はめったに見れないとおもいます。ゲーテが言った「本物の芸術作品には必ず力強さがある」を思い出さずにはいられないですね。良い写真をありがとうございました。

投稿: | 2012年11月14日 (水) 09時45分

古い記事をご覧いただきありがとうございます。
たしかにミケランジェロならではの力強さですね。

投稿: panterino | 2012年11月14日 (水) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45016076

この記事へのトラックバック一覧です: 《ミケランジェロのまなざし》:

« 移民対策で、国連と不和 | トップページ | 《プッチーニと娘》 »