« 移民政策、国連に対しても譲らず | トップページ | 増加する同棲 »

2009年5月21日 (木)

アリタリア、ミラノ・マルペンサ空港を降格

Alitalia3
アリタリア航空は、ミラノ・マルペンサ空港を降格し、ハブ空港としてはローマ・フィウミチーノ空港を選んだ(4月14日、Corriere della Sera)

ローマ空港がアリタリアにとってはハブ空港となる。ミラノにとっては降格となるが、ロンバルディア州知事のフォルミゴーニは、独占の問題がある、としている。

ローマ・フィウミチーノ空港とミラノ・マルペンサ空港のデータ比較は次の通り。

フィウミチーノ      マルペンサ
国内23         全部で21
ヨーロッパ24
海外(大陸間)23
2013年に計78となる予定

一週間の動き
1600         185
          2008年3月末までは1238
          3月31日から10月30日 312
          10月31日から2009年1月12日 
                     147
従業員          
1080 パイロット    合計3500
2200 乗務員
1100 整備士
3150 取り扱い

ローマ地区        ミラノ地区
潜在的顧客        潜在的顧客
1450万人         1480万人
売り上げ         売り上げ
33億ユーロ        34億ユーロ

|

« 移民政策、国連に対しても譲らず | トップページ | 増加する同棲 »

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/aircraft-mechanic/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/aircraft-mechanic/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
JrezORLU

投稿: sirube | 2009年5月22日 (金) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45081737

この記事へのトラックバック一覧です: アリタリア、ミラノ・マルペンサ空港を降格:

« 移民政策、国連に対しても譲らず | トップページ | 増加する同棲 »