« 《イル・ディーヴォ》 | トップページ | イタリアの人口6000万人に »

2009年5月 6日 (水)

《ソネタウラー'樹の音’の物語》

Sonetaula 映画《ソネタウラーー“樹の音”の物語》(サルヴァトーレ・メレウ監督)を観た(有楽町・朝日ホール)。

1938年から第二次大戦後にかけてのサルデーニャ島が舞台の映画である。

ソネタウラとは、サルデーニャ方言で、木のこすれる音、主人公の少年があまりにやせていて、父親にひっぱたかれると、骨のこすれる音がしたから、というのが主人公のあだ名ソネタウラの由来なのだ。

今回の映画祭で最長の157分の映画で、見応えがあった。一つ一つのシークエンスを細切れにつながずに、ゆったりと、みっちりと撮っていく。そこに細切れで、効率のよい映画とは異なる独特のリズムが生まれる。

それは重いとも言えるし、手応えがあるとも言えるだろう。主人公は父親が無実の罪で、流刑になるが、彼自身も18歳の時に犯したある事件で、カラビニエーリに出頭せず、山を逃げ回る生活を選ぶ。そのハードな生活が淡々と映像化されていく。

言葉もサルデーニャ語(厳密に言うと、方言ではなく、独立した言語なのである)を用い、イタリア語字幕が出る。

監督自身は、プログラムによれば、キャスティングで、昔のサルデーニャ人の表情が出る若者を選ぶのに苦労し、苦労の甲斐あって、その雰囲気が出せたとしている。

|

« 《イル・ディーヴォ》 | トップページ | イタリアの人口6000万人に »

コメント

本作もTBよろしくお願いいたします。

タヴィアーニ兄弟の影響が色濃く感じられた前作「スリー・ステップ・ダンス」から、サルデーニャを捉える手法を大きく変えた、と思いました。
正直なところ、私は前作の叙情的な作風が好みだったのですが、当世風に逆らうような、「重い」ストーリーに直球勝負で挑んだ監督の今後に注目していきたいと思います(そのためにも、イタリア映画祭は今後も継続していただかなければ…)
ソネタウラのラストのショットが一番印象に残りました。

投稿: なつ | 2009年5月 9日 (土) 14時16分

なつさん

TBありがとうございます。
たしかに、「重く」、ストーリーの進展のテンポが「遅い」作品でしたね。

ラストのショットへの注目、さすがですね。偶然撮れたのだが、監督にとっても、こだわりのショットだったことが、プログラムに書かれていました。

イタリア映画祭は、是非、継続してほしいです。これがないと、一年にイタリア映画の新作を10本以上見ることは、イタリアに行かない限り、至難の業になってしまいます。
全部見ないとしても、選べるだけの数が公開されることに大きな意義があると思います。

投稿: panterino | 2009年5月 9日 (土) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44922353

この記事へのトラックバック一覧です: 《ソネタウラー'樹の音’の物語》:

» イタリア映画祭2009 「ソネタウラ-"樹の音"の物語」 [Il quaderno d'Estate]
イタリア映画祭 2009 Festival del Cinema Italiano 2009 Tokyo(4月29日~5月5日 有楽町朝日ホール) [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 14時10分

« 《イル・ディーヴォ》 | トップページ | イタリアの人口6000万人に »