« 教皇の衛兵にも女性誕生か? | トップページ | 《赤い肌の大地》 »

2009年5月14日 (木)

ブルネッタ:非正規労働を神話化する映画や本はたくさんだ

Onrenatobrunettapdljpg300x199
総務大臣のレナート・ブルネッタにとって、この10年の非正規労働を「神話化」する映画や小説はお気に召さないようだ(5月6日、Corriere della Sera).

こうしたものを読んだり見たりすると蕁麻疹が出るという。大臣は言う、「非正規労働は、社会階級ではあり得ないし、そうなるべきでもない」。

非正規雇用の「神話化」への攻撃に対し、ヴィルツィ監督の「みわたす限り人生」で、コールセンターの社長をつとめたマッシモ・ギー二は、「ブルネッタに蕁麻疹がでるなら、治療するようすすめるだけだ」

作品は、非正規雇用をグロテスクに描いたりすることはあるが、「神話化」することが目的ではなく、むしろ告発であると述べている。

|

« 教皇の衛兵にも女性誕生か? | トップページ | 《赤い肌の大地》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45015052

この記事へのトラックバック一覧です: ブルネッタ:非正規労働を神話化する映画や本はたくさんだ:

« 教皇の衛兵にも女性誕生か? | トップページ | 《赤い肌の大地》 »