« アリタリア、ミラノ・マルペンサ空港を降格 | トップページ | 移民に対する許容度下がる »

2009年5月22日 (金)

増加する同棲

Coppia_b1180x140
イタリアでは次第に同棲カップルが増えている(5月15日、Corriere della Sera).

イタリア司教会議の調べによると、北部では、結婚するカップル10組のうち7組はある期間同棲している。

また、事実婚のカップルの割合は、2001−2002年は3,5%、2003−2005年は、4,1%、2006ー2007年は4,6%で増え続けている。

人口統計学者や社会学者は、いわゆる同棲を四つのタイプに分けている。

1.Prematrimoniale (結婚の前段階)
  かつての婚約期間に代わるもの

2.Unione libere (自由なカップル)
  決して結婚には到達しない生き方の選択

3.Patti di solidarieta' (連帯協約)
  結婚に代わるカップルの形式で、法的承認を求める

4.Coppie di fatto (事実婚)
  さまざまな理由で結婚に至ることは出来ないカップル

こうした同棲のなかには同性のカップルも含まれる。イタリア人は58,9%の人が連帯協約を認めることに賛成である。また、40,4%は、同性結婚に賛成。一方、35,9%は、同性のカップルのいかなる承認にも反対している。

|

« アリタリア、ミラノ・マルペンサ空港を降格 | トップページ | 移民に対する許容度下がる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45096319

この記事へのトラックバック一覧です: 増加する同棲:

« アリタリア、ミラノ・マルペンサ空港を降格 | トップページ | 移民に対する許容度下がる »