« 大学、5分の1の課程をカット | トップページ | マルティーニ枢機卿:離婚と聖職者の独身問題を論じる »

2009年5月25日 (月)

イタリアの大学の現状

Piazza_maggiore4909f51b845f2
トリノで大学のいわゆるG8が開かれている(5月19日、Corriere della Sera).

イタリアの大学の現状が紹介されている。

イタリアの大学は国立が61校、それ以外が27校で合計88校である。地域別に観ると、北西が20校、北東が12校、中部が27校、南部が23校、島嶼部が6校。課程は全部で5960ある。

登録している学生は、179万9041人。2007年の卒業生は、18万4699人。卒業生の平均年齢は、27歳。

教授は3万6566人。研究者は2万2924人。技官は4万9635人。

学生一人当たりへの支出は国別に見ると次の通り(ドル)
フランス  1万995
ドイツ   1万2446
イタリア    8026
日本    1万2326
スペイン  1万89
スウェーデン1万5946
イギリス  1万3506
アメリカ  2万4370
OECD平均1万1512

教授一人あたりの学生数
フランス  17人
ドイツ   12,4
イタリア  20,4
日本    10,8
スペイン  10,8
スウェーデン 9
イギリス  16,4
アメリカ  15,1
OECD平均15,3

|

« 大学、5分の1の課程をカット | トップページ | マルティーニ枢機卿:離婚と聖職者の独身問題を論じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45129935

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの大学の現状:

« 大学、5分の1の課程をカット | トップページ | マルティーニ枢機卿:離婚と聖職者の独身問題を論じる »