« 大統領:テロ事件の犠牲者を官邸に招く | トップページ | 政権一年、ベルルスコーニの人気 »

2009年5月18日 (月)

佐野成宏テノール・リサイタル

Photo10
テノール歌手佐野成宏(以下、敬称略)のリサイタルを聴いた(4月24日、紀尾井ホール)。

演目は3部からなり、第1部はアンダルシアの情熱と題され、スペイン歌曲およびオペラ『カルメン』から。

第2部はイタリアの春と題され、トスティやティリンデッリ、レオンカヴァッロの歌曲。知名度の高くない歌曲にも聴き応えのある曲はある。佐野は、丁寧な歌唱でじっくりと聞かせてくれた。

第3部は、オペラ『トスカ』セレクションと台紙、バリトンの原田勇雅が加わり、ピアノ伴奏(佐藤正浩)で、服装はリサイタルの時のままだが、多少の身振りを交えて演じつつ歌った。佐野は、ここではオペラという演目の性質の違いを考えてか、声量をあげてカヴァラドッシを歌い上げた。歌曲を聞いた後では、曲自体の表情の豊かさに驚く。

佐野の歌は、発声も表情づけもとても上品である。アンコールでナポリ民謡を歌う時でさえ、ある一線をくずすことなく、きちんとした曲の姿を保ち、演歌的にはならない。オペラや歌曲を歌うときにも、過剰な感情表現、あるいは声に泣きが入ることはまずないのである。

こういった姿勢が彼の歌曲を聴き応えあるものにしていると思う。

|

« 大統領:テロ事件の犠牲者を官邸に招く | トップページ | 政権一年、ベルルスコーニの人気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45051309

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野成宏テノール・リサイタル:

« 大統領:テロ事件の犠牲者を官邸に招く | トップページ | 政権一年、ベルルスコーニの人気 »