« カルロ・サルヴィオーニのイタリア方言の書、刊行 | トップページ | 磔刑像アート、ナポリで撤去される »

2009年4月 8日 (水)

ピレッリ基金誕生、文書館も運営

Fondazione_pirelli_sm_2 ピレッリ基金が創設された{3月20日、Corriere della Sera). ピレッリ社は、1872年にミラノで設立されたタイヤ会社である。 基金はマルコ・トロンケッティ・プロヴェラが会長となり、アントニオ・カラブロが指揮をとる。ピレッリ社の文化活動で重要なのは、1948年から72年まで発行されていた Rivista Pirelli でこの雑誌には、モンターレ、サーバ、ガッダ、エーコ(1961年に「マイク・ボンジョルノの現象学」でデビュー)が寄稿した。 中には、1947年に若き日のモラヴィアが執筆したピレッリのドキュメンタリー(未刊行)といったものもある。

|

« カルロ・サルヴィオーニのイタリア方言の書、刊行 | トップページ | 磔刑像アート、ナポリで撤去される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44597632

この記事へのトラックバック一覧です: ピレッリ基金誕生、文書館も運営:

« カルロ・サルヴィオーニのイタリア方言の書、刊行 | トップページ | 磔刑像アート、ナポリで撤去される »