« 2軒に1軒は使用不可能 | トップページ | アブルッツォの復興には、120億ユーロが必要 »

2009年4月21日 (火)

マルキオンネがクライスラーの代表取締役の可能性

Sergiomarchionneterminiimeresefiatl
フィアットのセルジョ・マルキオンネが、クライスラーの代表取締役(amministratore delegato)になる可能性があると報道された(4月14日、Corriere della Sera).

こう報じたのは、《Automotive News》である。その場合、会長はアメリカ人がなるとのこと。しかし、実際には、マルキオンネがフィアットとクライスラーの二社を率いるという物理的な困難が予想される。

フィアットとクライスラーの交渉は4月30日が期限である。

|

« 2軒に1軒は使用不可能 | トップページ | アブルッツォの復興には、120億ユーロが必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44747102

この記事へのトラックバック一覧です: マルキオンネがクライスラーの代表取締役の可能性:

« 2軒に1軒は使用不可能 | トップページ | アブルッツォの復興には、120億ユーロが必要 »