« 生物学的遺言状、四分の三が自由な選択を支持 | トップページ | アッバード、スカラ座へ帰る »

2009年4月12日 (日)

キリスト軍団に調査

Este_19123007_30230
カトリック系の団体「キリスト軍団」(Legionari di Cristo)にヴァティカンの調査の手が入ることになった(4月1日、Corriere della Sera).

キリスト軍団は、マルシャル・マヒエルが1941年に創設した団体。この軍団は、Università Europa di Roma の創設にも貢献している。

ヴァティカンの決定は、国務長官タルチーゾ・ベルトーネ枢機卿の書簡で伝えられた。創設者のマルシャル・マヒエル師は、幼児性愛、神学生へのセクシュアル・ハラスメントで告発され、2006年に「引退」することを余儀なくされた。2008年に87歳で亡くなっている。

今年になってさらに、特定の愛人と娘(20歳)がスペインにいることが明らかになった。

信心会にとっては、最悪のニュースである。この組織は世界30カ国以上に800人の司祭と2500人の神学生、6万5000人の平信徒をかかえ、158の学校と18の大学を擁している。また、メル・ギブソンの映画『パッション』のスポンサーにもなっている。


|

« 生物学的遺言状、四分の三が自由な選択を支持 | トップページ | アッバード、スカラ座へ帰る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44645315

この記事へのトラックバック一覧です: キリスト軍団に調査:

« 生物学的遺言状、四分の三が自由な選択を支持 | トップページ | アッバード、スカラ座へ帰る »