« イタリア人の3人に1人は年収1万ユーロ以下と申告 | トップページ | イタリアの大地震 »

2009年4月13日 (月)

ローマ、オペラ座総監督エルナーニ、辞任

Ernani_f_medium
ローマのオペラ座総監督フランチェスコ・エルナーニは、アレマンノ市長から迫られて辞任を余儀なくされた(4月5日、Corriere della Sera).

フランチェスコ・エルナーニは、72歳、1999年からローマ歌劇場の総監督をつとめてきた。彼はそれ以前は、フィレンツェのテアトロ・コムナーレの総監督であった。

去る2月5日、ローマ市長ジャンニ・アレマンノは、エルナーニの辞任を求めた。アレマンノは赤字を理由にしているが、エルナーニは反論する。「われわれは、7年間収支とんとんにしてきた」。

アレマンノは、オペラ座を救うにはこれしかなかったとして、歌劇場の代表委員(commissario)に指名された。Fus (Fondo unico per lo spettacolo)の予算カットのある前から、800万ユーロの赤字があったとしている。

労働組合は、ストを予定している。

|

« イタリア人の3人に1人は年収1万ユーロ以下と申告 | トップページ | イタリアの大地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44659013

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ、オペラ座総監督エルナーニ、辞任:

« イタリア人の3人に1人は年収1万ユーロ以下と申告 | トップページ | イタリアの大地震 »