« イタリア出版事情 | トップページ | フォガッツァーロの幻のノーベル賞 »

2009年4月 3日 (金)

ザラで65年ぶりにイタリア系の保育園

Zadar1433 クロアチアのザラに65年ぶりにイタリア系の保育園が復活する(3月23日、Corriere della Sera)。

ザラはもともとダルマチア地方でもっともヴェネツィア的な都市であった。20世紀初頭には、全人口のうちイタリア系住民は75パーセントに達していた。

1943年から44年にかけて英米軍の54度におよぶ爆撃で、85パーセント以上の建物が破壊された。

1945年以降、イタリア系住民の大量移住が起こり、ザラに留まったのは12家庭に過ぎない。

クロアチアはEU加盟をにらんで、イタリアとの関係改善を望んでおり、これまで拒絶されてきた事項が実現した。保育園は、クロアチア系の保育園の一部のセクションとしてこの秋設置される予定。

|

« イタリア出版事情 | トップページ | フォガッツァーロの幻のノーベル賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44552179

この記事へのトラックバック一覧です: ザラで65年ぶりにイタリア系の保育園:

« イタリア出版事情 | トップページ | フォガッツァーロの幻のノーベル賞 »