« 地震被災者への緊急支援 | トップページ | 2軒に1軒は使用不可能 »

2009年4月20日 (月)

地震、捜索終了、死者は293名

Ansa_15533524_12450
ラクイラ地震の不明者捜索が終了し、犠牲者は293名となった(4月12日、Corriere della Sera).

今回の地震で崩壊したり、使用不可能となった建物は3万8千棟と推定されている。

建物が崩壊した学生寮やサン・サルヴァトーレ病院では、重大な建築違反があったことが明らかになった。建物を支える柱に使用されている鉄の量が基準を下回っていたのである。だから、揺れに対して、建物を支えきれなかったのだ。

当初からささやかれていた疑惑が、はっきりと確認されたのである。こうした建築基準違反は、この2例にとどまらず、多くの建築物で見られる。建築違反が建物崩壊に与えた影響の現場検証が始まったのである。

原因に関しては、建築計画および個々の建築物に用いられた素材の調査と、行政が与えた建築許可の二面から調査される。

|

« 地震被災者への緊急支援 | トップページ | 2軒に1軒は使用不可能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44735306

この記事へのトラックバック一覧です: 地震、捜索終了、死者は293名:

« 地震被災者への緊急支援 | トップページ | 2軒に1軒は使用不可能 »