« ベルルスコーニの住宅政策、ボッシは疑念を呈す | トップページ | 脳に「信仰の場」 »

2009年3月22日 (日)

アソル・ローザの新著をめぐる論争

Asor_rosa_storia アソル・ローザの新著Storia europea della letteratura italiana (イタリア文学のヨーロッパ史)をめぐり論争が起こっている(3月10日、Corriere della Sera).

老大家アソル・ローザ(写真)の新著はエイナウディ社から出たが、これに激しく噛みついたのはアルフォンソ・ベラルディネッリで、新聞 Sole 24 Ore 紙上での書評で、酷評したのである。

ベラルディネッリによれば、アソル・ローザは「戦闘的批評家でも、学者でもなく、政治的野心をもった編集のオーガナイザー」にすぎない。

「彼の極端なマルクシズムは、作家やインテリを上から見下ろす癖をつけてしまった」としている。

この酷評に対し、エドアルド・サングイネーティはアソル・ローザを擁護し、チェーザレ・セグレは、ベラルディネッリの批評はあまりに個人攻撃的すぎるとしている。ただし、セグレも、ヨーロッパ史へ開くというのは看板倒れだとしている。

一方、ジュリオ・フェッローニとマッシモ・オノフリはベラルディネッリ側に同意している。

|

« ベルルスコーニの住宅政策、ボッシは疑念を呈す | トップページ | 脳に「信仰の場」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44415745

この記事へのトラックバック一覧です: アソル・ローザの新著をめぐる論争:

« ベルルスコーニの住宅政策、ボッシは疑念を呈す | トップページ | 脳に「信仰の場」 »