« 連邦制法案、下院通過 | トップページ | 生物学的遺言状法案、上院を通過 »

2009年3月27日 (金)

フィーニ: ムッソリーニを偉大な政治家とは考えない

Fini140x180 下院議長のジャンフランコ・フィーニは、ベニト・ムッソリーニを偉大な政治家とは考えないと表明した(3月25日、Corriere.it.)

1990年代初頭には、フィーニは、ムッソリーニは20世紀最大の政治家だと述べたこともある。しかし、現在では考えを変えたことを明らかにした。

外人記者クラブでは、フィーニは、ベルルスコーニ政権が長く続いているかを聞かれ、「選挙での合意をすくい取るのが巧みだ。つまり、市民の感情を解釈するのがうまい。それは民主主義だ」

また自分は海とイルカが好きだが、自分がベルルスコーニの後継者(イルカも後継者もdelfino である)に決まっているとは考えない。

では現首相のあとは、誰が中道右派のリーダーとなるのかと問われ、フィーニは、その時が来たら、議論して党が選ぶだろうと述べた。

|

« 連邦制法案、下院通過 | トップページ | 生物学的遺言状法案、上院を通過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44470038

この記事へのトラックバック一覧です: フィーニ: ムッソリーニを偉大な政治家とは考えない:

« 連邦制法案、下院通過 | トップページ | 生物学的遺言状法案、上院を通過 »