« 脳に「信仰の場」 | トップページ | 『未完のモザイク』(ジュリオ・レオ-ニ) »

2009年3月24日 (火)

フィーニ、国民同盟に別れの挨拶

Fini 下院議長のジャンフランコ・フィーニは国民同盟(AN)の党大会で、同党がPDLに合流する前の最後の党大会で、別れの挨拶をした(3月22日、Corriere.it)

フィーニは多少の感慨はある、としている。MSIの書記、ANのリーダー、そして下院議長へとフィーニの経歴はステップを踏んできた。

彼は、フォルツァ・イタリア党およびベルルスコーニとの15年にわたる同盟を振り返った。また、この同盟は、「新しいイタリア」をつくるために必要であったし、さらにANがPDLに合流することは、自分たちにとってのみでなく、祖国のために必要なのだと説いている。

フィーニは、大統領の権限拡大のための憲法改正には賛成だが、だからといって国会をないがしろにするものではない、としている。

また、10年後には、イタリアは多民族、多宗教国家になるだろうとして、移民の問題に向き合う必要を訴えた。

|

« 脳に「信仰の場」 | トップページ | 『未完のモザイク』(ジュリオ・レオ-ニ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44436047

この記事へのトラックバック一覧です: フィーニ、国民同盟に別れの挨拶:

« 脳に「信仰の場」 | トップページ | 『未完のモザイク』(ジュリオ・レオ-ニ) »