« アントニオ・ポルタ没後20年 | トップページ | 兵舎がデラックス・ホテルに »

2009年3月19日 (木)

メッシーナ海峡大橋など大型公共事業スタートか

Pontestretto ベルルスコーニ首相は、経済危機は重大だが悲劇的ではないとし、大型の公共事業を推進する方針を示した(3月7日、Corriere della Sera およびla Repubblica).

Cipe (Comitato interministeriale per la programmazione economica 経済計画省庁間委員会)は、178億ユーロを支出を認めた。

公共事業の筆頭となるのは、メッシーナ海峡大橋で、径間(スパン、campata, 橋の両脚間)が一つで、3300メートルで幅60メートルで、自動車6車線、電車2車線となる。

Cipe が認めた大橋の費用は13億ユーロだが、全体の費用は61億ユーロにのぼると見られている。

2010年に着工し、実際に開通するのは2016年の予定である。

|

« アントニオ・ポルタ没後20年 | トップページ | 兵舎がデラックス・ホテルに »

コメント

はじめまして、吊橋情報サイトを管理しているTockyと申します。
メッシーナ海峡大橋について書かれている内容が非常に良かったので、誠に勝手ながら、こちらのURLからリンクを貼らせていただきました。もし、差し支えありましたら、お知らせください。よろしくお願い申し上げます。

投稿: Tocky | 2009年10月10日 (土) 22時08分

Tocky さん

リンクありがとうございます。光栄です。

投稿: panterino | 2009年10月12日 (月) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44395369

この記事へのトラックバック一覧です: メッシーナ海峡大橋など大型公共事業スタートか:

« アントニオ・ポルタ没後20年 | トップページ | 兵舎がデラックス・ホテルに »