« アソル・ローザの新著をめぐる論争 | トップページ | フィーニ、国民同盟に別れの挨拶 »

2009年3月23日 (月)

脳に「信仰の場」

Cervello 信仰の場が、脳にもあることがあるらしい(3月10日、Corriere della Sera).

アメリカ人研究者のグループと一人のイタリア人研究者が、脳の神経活動を解読する技術により、どこに宗教的信仰の構成要素があるかをつきとめた。

彼らは一連の質問、たとえば「神は善である」、「神は罪人を罰する」などを通じて、宗教の三つの側面を調べた。

一つは、神に対する感情、第二は、日常生活のなかでの判断への神の関与(たとえば性生活との関わり)、第三は宗教意識について。

こうした三側面について調べたところ、耳のうしろの側頭葉が、神を感情的に認識することと関わりが深いことがわかった。それは、信仰を持つ人と、無神論者で変わらないのだと、ジョヴァンナ・ザンボーニは語った。彼女は、ジョーダン・グラフマンらとこの研究を進めたのである。

ザンボーニは、「さまざまな文化でどうなっているかを研究しなければいけない」としている。「われわれの研究は、ワシントン地区のアメリカ人を対象にしたものなのです」。

(イタリア語見出し Scoperta nel cervello/ 《l'area della fede》)

|

« アソル・ローザの新著をめぐる論争 | トップページ | フィーニ、国民同盟に別れの挨拶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44425227

この記事へのトラックバック一覧です: 脳に「信仰の場」:

« アソル・ローザの新著をめぐる論争 | トップページ | フィーニ、国民同盟に別れの挨拶 »