« メッシーナ海峡大橋など大型公共事業スタートか | トップページ | ベルルスコーニの住宅政策、ボッシは疑念を呈す »

2009年3月20日 (金)

兵舎がデラックス・ホテルに

Caserma兵舎がデラックス・ホテルに変わる可能性が出てきた(3月7日、la Repubblica).

防衛大臣は、約1000の建物を売るか貸したいとしている。このうち、200は貴重な建造物。

多くは兵舎だったもので、なかには造船所、軍事工場もある。

目的は、収入を得ることで、そのお金で再投資するための流動性を確保したり、外国への派遣の費用としたりする予定である。

防衛省が所有しているもののなかには、ヴェネツィアの造船所や、サンタンドレア島などもある。また、ラルッサ大臣は、ブリンディジのアラゴネーゼ城(写真)も貸そうという考えだ。

フィレンツェでは、18世紀末にメディチのコジモIII世が造った兵舎 Cavalli di Firenze が貸しにだされる予定である。

|

« メッシーナ海峡大橋など大型公共事業スタートか | トップページ | ベルルスコーニの住宅政策、ボッシは疑念を呈す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/44396734

この記事へのトラックバック一覧です: 兵舎がデラックス・ホテルに:

« メッシーナ海峡大橋など大型公共事業スタートか | トップページ | ベルルスコーニの住宅政策、ボッシは疑念を呈す »