« Mps, 基金が配当なしに待った | トップページ | 地上派デジタル、危機 »

2009年2月 7日 (土)

ルフェーヴル派、謝罪

1131612100312
ルフェーヴル派の高位聖職者Bernard Fellay が反ユダヤ的発言に関し、教皇に謝罪した(1月28日、Corriere della Sera).

Fellayは、ルフェーヴル派の司教リチャード・ウィリアムソンのホロコーストに関する発言が不適切だったとして謝罪している。

しかし、在ローマ・イスラエル大使は満足していない。ヴァティカンのより高位聖職者の釈明を求めている。

一方、ナポリターノ大統領は、新たな反ユダヤ主義が生じてはならないとした。

リチャード・ウィリアムソン司教は、ガス室の証拠はないとし、強制収容所で死んだユダヤ人は30万人にすぎないとし、600万人以上が殺されたとする一般的見解と大きなへだたりを示している。

|

« Mps, 基金が配当なしに待った | トップページ | 地上派デジタル、危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/43985638

この記事へのトラックバック一覧です: ルフェーヴル派、謝罪:

« Mps, 基金が配当なしに待った | トップページ | 地上派デジタル、危機 »